宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

虎塚古墳と十五朗穴

 気持ちのいい晴れた一日でした。風は少し冷たかったのですが、歩くにはちょうどいいくらい。埋蔵文化財調査センターから虎塚古墳、十五郎穴まで歩き、車道に下りて埋蔵文化財調査センターまで戻りました。センターの中の標本陳列室には、虎塚古墳の壁画のレプリカがありました。春と秋に現物は公開されています。その他土器や埴輪などもかなりの数が展示されていて、古代史に興味がある人には面白いだろうなぁと思います。

 

   ひたちなか市埋蔵文化財調査センター           標本陳列室のレプリカ
 虎塚古墳までの道はそれほど歩き難くはなかったのですが、十五朗穴までの道はトレッキングシューズ対応の道でした。もう少し整備してほしいなぁ。いきなり山歩き対応を迫られるのは、驚きものです。私的には好きな感じの道でしたが、普通の街歩き用の靴(ヒールではありませんでしたが)だったので、同じ道を引き返す気にならず、下の車道に下りてぐるっと廻ってセンターまで戻りました。

        前方後円墳:右奥に石室があります。

    十五郎穴横穴墓群。かなりの大きさで、東日本最大級の横穴墓群と想定されています。

h-miya@concerto.plala.or.jp