宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

歌の背後に広がるもの

 18日に、ニューイヤーコンサートと題して、第22回はまぎくカフェを開催しました。山本彩子さんの伸びやかな声と表現力を堪能しました。伴奏の忠和子さんも、『トロイメライ』を弾いてくれました。穏やかな調べに、保育園でお昼寝の時間に流れていた、という話を納得しました。

 1部の最後の2曲は圧巻でした。どちらもチャイコフスキー作曲で、『ただ憧れを知る人のみが』と『オルレアンの乙女 』より「そう、時はきた」でした。『ただ憧れを知る人のみが』は、ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』(1786年)第4部第11章に出てくる詩で、ミニヨンという少女が歌います。ミニヨンは幼い時にイタリアでさらわれ、サーカス団の歌姫として働かされていました。演劇修行中のヴィルヘルムはそのミニヨンを、サーカス団から買い取りました。

 この詩には、何人かの作曲家が曲をつけていますが、チャイコフスキーの曲が有名です。でも、なんと、シューベルトはこの同じ詩に6回曲をつけ、ベートーヴェンは4回作曲しています。チャイコフスキーは、ロシア語訳されたものに、曲をつけています。最初の出だしは次のようなものです。

Nur wer die Sehnsucht kennt      ただ憧れを知る人だけが、

Weiβ, was ich leide!                     私が何を悩んでいるかを知って います。

 シューベルトは歌曲という感じです。メンデルスゾーンシューマンも曲を付けています。ベートーヴェンの曲は、伸びやかな感じがしました。4曲中3曲はト短調なのですが。色々聞いていると、最後は訳が分からなくなりました。

 『オルレアンの少女』は、1878年から1879年にかけてチャイコフスキーが作曲したものです。原作はシラーの戯曲『オルレアンの少女』。題材は英仏百年戦争(1337-1453)でフランスを勝利に導いたジャンヌ・ダルク(1412頃-1431)です。シラーの原作では、ジャンヌ・ダルクは戦場で死にますが、チャイコフスキーのオペラでは、史実に忠実に、ルーアンで処刑されます。

 「そう、時はきた」は、16歳(1428年)で戦場に赴くジャンヌが、故郷との別れを歌う歌です。ジャンヌはフランス東部ドンレミに(土地を所有する)農夫の娘として生まれました。当時のドンレミは、フランスに対して素朴な忠誠心を持つ村だったようです。ジャンヌは、13歳の時に、「王太子シャルルをランスへ連れて行ってフランス王位に就かせよ」という神の声を聴いた、と伝えられています。そして16歳の時に、いよいよ旅立つ決意をします。最初はこう始まります。

そう 時は来た

天命にイオアンナは従わなければならない

  (ロシア語でジャンヌ)

だが なぜ心が恐れで塞がれるのか

苦しく 痛く 心はうずく

 

さようなら 永久に 故郷の丘よ 野よ

さようなら 平和な隠れ家の明るい谷よ

 使命感と故郷への愛着で引き裂かれる16歳の少女の想いが、歌いあげられ、聴くものの胸を打ちます。ジャンヌは、百年戦争の危機的状況で、戦況をひっくり返したヒロインとして、今もなおフランス人の心に訴えかけ続けていると言われます。

 百年戦争自体は、王位継承権に関するイングランド王家(プランタジネット家及びランカスター家)とフランス王家(ヴァロア家)の対立でした。この対立もずっと引っかかっていましたが、ヨーロッパの王家の婚姻関係から来ています。要は、ノルマン朝最後のイギリス王ヘンリー1世の跡取りが早世してしまったので、娘(マティルダ)が後継者に指名され、その娘婿がフランスの貴族(アンジュー伯ジョフロワ4世)だったということです。まぁ、色々ありますが、マティルダの息子であるアンジュー伯アンリが、ヘンリー2世となりプランタジネット家が成立します。このアンリは、アンジュー伯としてフランス内に広大な所領を持ったまま、イギリス国王に即位しました。このプランタジネット家の所領は代を重ねて、縮小していきます。そしてフランドル地方をめぐる対立、スコットランドをめぐる対立で緊張がマックスになり、終に、イギリス王(プランタジネット家)エドワード3世が、フランス王(ヴァロア家)フィリップ6世に対して挑戦状を送付(1337年11月1日)したのが、百年戦争の始まりです。

 要は王家の家同士の争い。どちらも根っこはフランス貴族同士。その対立に庶民の出のジャンヌが、なぜ命を懸けることになったのか。家同士の権力闘争が、そこに住む一般の人たちを巻き込んで、自分たちの郷土愛を刺激するものになったからのようですが、そこはまだ今一つ理解できていません。

 ところで、チャイコフスキー1840年に生まれ、1893年に亡くなっています。家系の出自はウクライナのようです。彼のお父さんは軍関係者ですし、祖先にも軍関係者が多かった。音楽家の家系ではないことは確かです。ただ、父親がフルートを吹き、母親がピアノを弾いて歌を歌うという音楽に溢れた家庭環境だったようです。彼の作品をそれほどよく知っているわけではありませんが、題材からはロシア的というより西洋文化を感じます。私たちはロシアも含めてヨーロッパと受け取っていますが、ロシアはヨーロッパでは文化的には辺境の地だった。フランスへの憧れは強かったと思います。チャイコフスキー家も、フランス人の家庭教師を雇っていて、チャイコフスキーは懐いていたようです。

 第2部は、『この道』、『メモリー』、『雨降りお月』、『紅葉』を、彩子さんの歌唱指導で歌いました。身体のほぐし方や、発声練習として母音法も教えていただき、音を聴きやすく発声する訓練も出来ました。

 第1部は格調高く。第2部は参加者のちょっと調子はずれの歌声も交じって、それを彩子さんの声がフォローしてくれていて、楽しかったです。そして、参加者の皆さんが、とても満足した様子で帰られたのが、嬉しかったです。

 一つの作品を通して、色々考えさせられるし、世界が広がります。試験のためではなく何かを知ろうとするのは、「なぜ」を刺激されるからですが、それは歌に心を動かされるから。『夕暮れに手をつなぐ』という北川悦吏子脚本のテレビドラマが始まりました。その中に、「ものを創るというのは、人を最も遠くに連れて行くものよ」(不正確ですが)というようなセリフがありました。時間の中で起きたことは、その時はどれほど人の心を鷲掴みにしようと、やがて忘れられていきます。それを人の記憶に留めるのは物語であり、歌であり、絵画であり、映画でしょう。史実記録は重要ですが、そこからだけでは、一般の人の心の中に「出来事」が生き続ける力は生まれません。「詩や美しさ、ロマンや愛は人間が生きるための糧だ」と『今を生きる』の中で、キーティングが言っていた言葉を思い出します。心は芸術を糧にする。だから芸術を通して「出来事」の記憶は紡がれていくのでしょう。 

          2023.1.18 那珂湊コミュニティセンターにて

2023年の年頭に当たって

 早くも10日が終わろうとしています。今年はどんな年になるのか。

 哲学の授業のためにテキストを探していますが、なかなか思うようなものがありません。いわゆる教科書は、やはり読みにくいし、難しいです。かといって、新書でと思って幾冊かパラパラ目を通してみましたが、個人的には興味をひかれても、教科書として使えるかというと考えてしまいます。使いたい部分は何冊かに分かれてしまい、学校側からテキストとして指定されない限り、一冊をテキストにできないのはこの辺りから来ています。ただ、それぞれの部分を要約する形で話していくのも、それはそれで伝わりにくいものがあります。ベースとなる骨組みの部分は、文章化されていないと、後から振り返るのが難しいし、レジュメでは限界があります。さてさてどうしたものか。

 私自身の今年のテーマは、「共通感覚と連帯」です。ケアにおける客観性をめぐる議論は、共通感覚と間主観性(相互主観性)がキーワードかなと考えています。客観性というと概念や論理に関わると考えますが、感覚もまた客観的なものと捉えることができると思います。この辺りを詰めていきたいと思います。

 連帯はケアのコミットメントを考えるとき、キーワードかなと思います。その場合、ケアする側だけでなくケアされる側からの連帯の視点をどこに設定するのか。ローカルレジスタンスから連帯を考えるとき、ケアされる側も連帯の主体になってくるのではと思っています。

 発達障害の問題も考えながら、放課後等デイサービスでの仕事に関わっていきたいと思っています。ここでの問題は、発達障害とはどういうことなのかから始まり、現実にどのような支援が可能かを個別的にどうやって見つけていくか。それらに共通する方法論はあるのか。まだまだ手探りを始めたばかりです。

 でも面白いことも見つけたいなぁ。ワクワクする小さな楽しみ。小説も力のある作家さんのものは読みごたえはありますが、自分の感覚とぴったり来ないものは、それだけに疲れます。ファンタジーの世界で遊んでいたいとなると、何でしょう。アガサ・クリスティーのような推理小説家っていないかなぁ。

           2022年11月24日 「ピカソとその時代」

年賀状を書きながら

 2022年も残すところ、25時間強になりました。今年を振り返っています。世界では、2月に始まったロシアのウクライナ侵攻が未だ解決の糸口が見えないまま、泥沼化の様相を帯びています。21世紀になって、こういう「侵略戦争」が始まるとは思えなかったと、私も正直言って唖然としました。

 日本でも、新型コロナの感染から来るさまざまな影響が、心配されます。コロナ世代という言葉がありますが、人間関係の形成にどんな影響が出てくるのか、これからが心配されます。

 私自身は、放課後等デイサービスでの仕事を通じて、教育に携わるとはどういうことかを、否応なしに考えさせられる一年でした。発達障害というのはどういうことなのかも、正直まだまだ分かりません。もちろん、そんなに簡単に分かることではないのですが。

 多世代サロンは、3年目に入ることができました。一つひとつの実践が、次の実践に繋がっていくことを実感しています。そして、何かを一緒に目指す仲間の力を感じます。一人では絶対にできないことが、達成されていく驚きと喜び。

 この一年のブログをざっと見直していて、芸術の力を改めて感じています。そしてその涵養には時間がかかることも、思い知らされています。論文に繋がるテーマは、ほとんど手付かずの状態で終わっていることも確認してしまい、この状態はちょっと残念ではありますが。来年は少し頑張ってみようかな、無理しない範囲で。ちょっと運動しなかったり、寝不足になると、本当に身体に出てきます。何といっても健康を維持することが基本であることを、肝に銘じています。

       12月28日 シンビジューム、葉ボタン、銀たれ柳、若松、千両

水戸芸術館で生まれているもの

 11日に水戸芸術館で、「300人の≪第九≫出演者によるミニ・コンサート2022」がありました。指揮者の打越孝裕さんがMC(Master of Ceremony 式の采配者)を務め、ソプラノ結城滋子さん、メゾソプラノ山本彩子さん、テノール倉石真さん、バリトン清水良一さんの歌唱と、エレクトーン小林由佳さん、ピアノ中村真由美さん・中村佳代さん、パーカッション山地章子さんのそれぞれの演奏と、歌唱伴奏を楽しみました。

 1月にはまぎくカフェで歌って下さる山本彩子さんが出演していたので、カフェのスタッフで聴きに行ってきました。来年こそは300人の≪第九≫を実現させたいという打越さんの言葉に、大きな拍手が沸き起こりました。コンサートもコンパクトですが、身近な感じがあって、内容も充実していました。

 その後、同じ芸術館(1990年開館)で開催していた、現代美術(「中崎透 フィクション・トラベラー」)を鑑賞してきました。現代美術はどうも分かり難いのですが、水戸を素材にした美術展でした。佐川一信さんの造った水戸芸術館が、世代を超えて影響を与えていること、恐らくこれからも影響を与え続けるだろうことを実感させられました。

 「最新作≪フィクション・トラベラー≫は、水戸市界隈に生まれ育ち今もこの地に住む、30代から70代までの男女5名に行ったインタビューをもとに制作されました」と案内に書かれていました。本人(1976年生まれ)が、高校時代に、水戸芸の芝生で授業をさぼっていると、通りかかった水戸芸の現代美術センターのスタッフが声を掛けてくれて、話を聞いてくれた、というエピソードもありました。それぞれの「言葉」から、作品のモチーフや背景にあるものが見えて来て、面白かったです。街の中に、自分の好きな場所があることの大切さ。

 そして、この「言葉」の紡ぐもの、繋ぐものは、ミニ・コンサートの歌唱(内容は分かりませんでしたが)からも伝わってくる感じがしました。私たちは、日常生活では、言葉を実用的なものとして使っています。でも、その実用的な意図で使う言葉が、その同じ表現が、実用性を離れても生きて、色々なものを伝えます。

 中崎さんのエピソードの語りから、「水戸芸の芝生で授業をさぼった時間」が情景として浮かんできて、佐川一信さんの造ったものの思わぬ波及に、感慨深いものがありました。

         2022年12月11日、水戸芸術館現代美術ギャラリーにて

有島京 ピアノ・リサイタル

 とても可愛らしい方です。お辞儀をされて姿勢を直すとき、髪の毛がぴょんと動いて、思わず『魔女の宅急便』のおかっぱ頭のキキを思い出しました。ショパンとパデレフスキで構成された時間を堪能しました。最初緊張されていましたが、ショパンを弾いた後に、マイクをもって少し話されてから、会場も和み有島さんも肩の力が抜けた感じがしました。

 イグナツィ・ヤン・パデレフスキ(1860-1941)は、ポーランドのピアニストであり政治家でもあった人です。彼は1919年から22年までポーランド第2共和国の首相と外相を兼務しました。1922年に政界を引退して、演奏活動に復帰します。

 彼が晩年編纂に関わったパデレフスキ版ショパン全集は、長くスタンダード版だったようですが、最近はエキエル版の人気が高くなっているようです。その他にも版が幾つも出ています。えー、楽譜がそんなに違うのか、とちょっと驚きました。ショパン自身がちょこちょこ直していたようです。実際、音の高さや指使いや強弱が違っています。決定稿が分からないというのは、困りものですね。でも、聞いている素人は(私がなのか)、同じ曲にしか聞こえません。もちろん、演奏者によって、違うのは分かるのですが、楽譜が異なっていることまでは分かりませんでした。

 中村紘子さんが、癌の闘病中も「日本パデレフスキ協会」の設立に尽力したことを納得しました。中村紘子さんと言えばショパン、と思っていたので。本当に知らないことばかり。でも、中村さんが望んだように、世界に若い日本人ピアニストがどんどん出て行って活躍するようになるのは、素敵なことです。有島さんの演奏を聴きながら、そう思いました。

          12月10日佐川文庫・木城館にて

クリスマス・リース作り

 7日のはまぎくカフェで、クリスマス・リースを作りました。自分で手作りできるとは思ってもいなかったので、新鮮な体験でした。

 クリスマス・リースはキリスト教に起源をもつものではありません。リースは古代ローマにさかのぼると言われます。そう言われれば、オリンピックの勝者に月桂樹のリースが贈られたりしています。古代ローマでは、リースは花や葉で作られた輪のことです。お祭りやお祝い事に冠として使われ、冠は太陽を意味しました。その後、各地に広がる中で、常緑樹が使われるようになって、豊穣や繁栄の象徴的意味を持つようになりました。その結果、新年や冬至に飾られるようになったようです。それが、キリスト教にも取り入れられると、柊のリースが、キリストが十字架にかけられた時のイバラの冠を意味するようになり、クリスマス・リースとして飾られるようになったと言われます。

 クリスマス・リースには三つの意味があると言われます。

 一つ目は、「永遠の愛」。これはリースの円環が終わりのなさ、永遠を意味すると同時に神からの愛(アガペー)が融合して、「神からの永遠の愛」を意味するようになりました。

 二つ目が豊穣や豊作祈願。冬に常緑樹が使われることが関係しているようです。ヒイラギの実や姫リンゴの「赤」は太陽を意味し、月桂樹や松ぼっくりが生命力を意味します。

 ヨーロッパのクリスマス期間は、アドベント待降節)と言われるキリストの降誕を待ち望む時期から始まります。11月30日に一番近い日曜日からクリスマスイブまでの4週間です。松山東雲女子短期大学に就職した時、この降誕祭までの時期のチャペルでの祭礼に感動しました。そして、25日にキリストが誕生し、1月6日に異邦人の前に姿を見せる公現祭まで続きます。この期間は、ずっとクリスマス・リースが飾られているようです。キリストを祝うことと新年を祝うことの二つの意味が込められています。

 三つ目が魔除け。ヒイラギは常緑樹で、生命力の源であり、悪いものから守ってくれると信じられていたようです。日本でも、節分の時にヒイラギに鰯の頭を飾って邪気払いをしました。邪気を防ぐために庭木に使われたりもしました。

 これにクリスマスカラ―の赤・緑・白のオーナメントを飾りました。金銀もキリストの高貴さやベツレヘムの星を意味するものとして、クリスマスカラーとして使われるようです。

                   私の制作リース

等々力渓谷

 金曜日に等々力渓谷を歩きました。平日でしたが、結構人が歩いていました。等々力周辺というのは、住宅地や商業地と共にこういう景観の残っている場所です。ちょっと不思議な空間です。上野毛駅の近くの五島美術館の辺りも、住宅と自然景観が混然と一体化しています。

h-miya@concerto.plala.or.jp