宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

人間が関係的存在であること

 人間が関係的存在であることは、私たちにとってごく常識的なことです。しかし具体的にそれは何を言っているのでしょうか。

 現象学の「間主観性」の問題は、私が生きることが出来るのは自分の人生だけなのに、その「私」の自己理解は他者との関係と切り離せないことを言っています。「私」は他人とともに「私たち」という在り方をしています。「私」が「私たち」を構成するのではなく、「私たち」の中で「私」が構成されていくと言ったらいいでしょうか。

 言語を通して私たちは交流することが出来ます。この言語は、人間関係の中で習得されます。「私」が語る言葉は最初から共有されたものです。「私の中の何ものか」を語っているときにも、その語ることは共有された言葉でなされ、「私の中の何ものか」もまた、その言葉の影響を受けています。

 まず言語習得には幼児が特に言語に「敏感」で、話すことを学習しうる時期があると言われています。幼児がその両親に対して最も強い依存の状態にある2歳までの時期だそうです。野生児の研究や聾児への言語教育の遅れの示す結果などから、言語習得と幼児が家庭環境に入り込むこととの繋がり、及びその時期が推定されています。

 メルロ=ポンティ(1908-1961)は『眼と精神』(みすず書房、1966年)の中で、幼児の言語習得の在り様から、言語習得が対人関係の感情的経験と連帯していることを述べています。

 言語習得と幼児の環境変化の関係では、幼児に弟や妹が生まれたときに示される「赤ちゃん返り」が上げられます。これは嫉妬だと言われています。その本質は、自分の現在にしがみつこうとすることです。しかし、自分がもう末っ子ではないという状況を受け入れたとき、その幼児の態度は変わります。「私は末っ子だったが、もう末っ子ではなく、私は一番上にもなることだろう」と。これは時間的構造が習得され、<過去-現在-未来>という図式が構成されたからだと言います。

幼児が自分の家族関係を引きうけ形づくる時、それと同様に、幼児はある思考の型全体を学ぶのです。さらに幼児は、言葉のある用法全体を学び、また世界の或る知覚様式をも学ぶことになります。(『目と精神』127頁)

 思考の型全体の学びが一気に成立する瞬間がある、というのは何となくわかります。すでにいろいろな部署でパッチワーク的に進んでいる成長があって、ある瞬間、どこかが繋がって、全体が一気につながる、というイメージです。成立している知の枠組みが変動するときも、微妙に軋みだしていて、部分部分で組み換えが起こっていても、ある閾値を超えないと全体は変わらない。変わるときは、一気に変わる感じがします。

 言語の習得と人間関係の感情的体験の連帯。単純な因果的説明でないところが面白いです。

f:id:miyauchi135:20211018234801j:plain f:id:miyauchi135:20211018234824j:plain

           水戸駅エクセル北に飾られていた飯泉あやめの作品

ホーソン工場の4つの実験と人間関係論

 ホーソン工場実験は科学的管理法の実証実験として始まりました。1924年から始まりますが、最初に「照明実験」が行われ、「リレー(継電器)組み立て実験」「面接実験」「バンク配線作業実験」と全部で大きく4つ(正確には6つ)行われています。

 「照明実験」は工場内の明るさと作業能率の関係を調査する目的で始まりました。実験は対照実験で行われました。仮説は「証明が明るいと作業能率が上がる」というものです。それを証明するために、照明を暗くするとどの程度コイル巻きの作業速度が低下するかを計りました。常に明るい照明で作業を行うグループに対して、最初は明るく、実験回数を追うごとに照明を暗くしていく統制グループの作業効率を比較するという対照実験です。

 結果は案に反して、照明の明るさ・暗さという作業環境と作業能率がリンクしませんでした。常に100ワットで作業するグループの生産速度109に対し、25ワットとかなり暗い照明での生産速度が114というように。統制グループを100ワットに戻すと生産速度は116で、その時常に100ワットグループの生産速度は114でした。

 これは確かに解釈に苦しむ結果です。物理的条件が生産性を左右するという仮説が否定され、メイヨーやレスリスバーガーたちをハーバード大学から招聘して、次の実験からはハーバード大学が中心になって実験が継続されて行きました。

 「リレー組み立て実験」は、1927年4月から1929年6月までの期間に行われました。組み立て作業員5人と部品を揃えて渡す世話役1人の6人の女性従業員でグループが組まれました。賃金・休憩時間・部屋の温度などの労働条件を変えながら、リレー(継電器)の組み立てを行って、作業能率と労働条件の関係を計測するものでした。ここでも作業時間や休憩時間が直接に作業能率に影響しないことが確認されました。この補足的実験として、賃金制度の変更や割り増し賃金の支給が作業能率にどのように影響するかも実験されました。確かに作業能率を引き上げる効果はありましたが、ただし、その効果が一時的であることも判明。

 メイヨーたちは、作業能率の向上には、むしろ、次のような心理的なものが影響したのではないかと分析しています。①女性従業員は特別に選ばれたことを誇りに思っていた。②共通の友人がいて、仲間意識が高かった。③実験の目的を最初から知っていた。④国内トップクラスの大学であるハーバード大学の実験である。

 「面接実験」は1928年9月から1930年3月までの期間に、工場全体の8部門の従業員20000人以上に実施されました。これは自由に意見を話してもらう形式で実施されました。結果として、作業条件などの話は出てこなくて、個人的感情や企業内のインフォーマル組織(非公式集団)の影響の大きさが、見て取れるテストになりました。

 「バンク配線作業実験」は1931年11月から1932年5月まで行われています。「配線工」「ハンダ付け工」「検査工」の関係性の深い三グループの配線作業の様子を観察する実験です。観察者はただ観察するのみです。この実験を通して、仮説の通り自然発生的なインフォーマル組織が確認され、それが作業能率をコントロールしていることが明らかになりました。

 以上の8年にわたる実験から、メイヨーとレスリスバーガーによって人間関係論の嚆矢となる二つの仮説が出されています。

仮説1.生産能率に多きな影響を与えるのは精神的態度の変化である。

仮説2.非公式集団の存在が生産能率に大きな影響を与えている。

 もちろんこのメイヨーとレスリスバーガーのホーソン実験とそこから生まれた人間関係論に関しては批判があります。時代的な要因や作業の学習効果という観点からの批判です。しかし、ホーソン工場実験と人間関係論の登場が、その後の経営学における考え方を大きく変えたことは事実です。

f:id:miyauchi135:20211003221457j:plain

      花瓶の両側のろうそくは、2日に放課後等デイサービスで制作

「親ガチャ」

 今日で9月は終わりです。「親ガチャ」なる言葉を最近知りました。考えさせられる言葉です。これって、自分の人生は自分で切り開ける、という信念というか希望を抱けない社会になっているということでしょうか。親の経済力の差が、子ども世代での格差拡大に根本的に影響してしまっている。

 日本型システムへの不信感は、いろいろなところで言われてかなりになります。例えば、昨年の春闘経団連会長中西氏(2018年5月~2021年6月)は、賃金交渉だけでなく、日本型雇用システムの見直しも労使間の議論のテーマとするよう呼び掛けたそうです。日本型雇用システムとは、「新卒一括採用」「年功序列型賃金」「終身雇用」をその大きな特徴とするものです。第2次世界大戦後、1950年代後半からの高度経済成長期(73年のオイルショックで幕を閉じました)とその後の経済の発展に日本型雇用システムは大きく貢献しました。

 しかし、バブルがはじけた1990年代以降の経済停滞期。2000年代に入って小泉元首相と竹中平蔵金融大臣による不良債権問題処理によって一時経済は回復しました。その後、2008年のリーマン・ショックで停滞に逆戻りし、「失われた20年」が言われました。「失われた20年」からの脱却は、2012年に第2次安倍政権が誕生して、金融緩和政策と財政拡張政策が打ち出されてからです。そして、競争力の強化とスピード感を身に付けた企業の収益は伸びました。しかし、その反面、格差は拡大しています。特に新型コロナの閉塞状況は、派遣切りなどで格差拡大を急速化させています。

 「親ガチャ」の話に戻ると、虐待されて「親ガチャに失敗した」という子は、当然支援を受けられるし、これは周囲の大人が対応しなければならない問題です。経済的に塾に行けない子どもたちの問題は、「親ガチャ」の話でしょうか。これは教育行政対応の問題だと思います。感覚としては、思うに任せない現実へのいら立ちの表明なのでしょう。いわゆる新自由主義の小さな政府政策が、個人に対する自助への過度の、あるいは間違った場面での自助への呼びかけが、問題を個人レベルにする雰囲気を生んでいるのではないか。そんな気がしないでもないです。

 問題が手に負えないとき、周りを恨みたくなります。でも、問題に向き合う姿勢を間違えると、袋小路に陥るし、精神的にも追い詰められます。軽いノリで、「親ガチャ失敗」で終わらせているくらいならいいのですが。

最近のちょっとした楽しみ

 久しぶりにひたちなか海浜鉄道に乗りました。乗客は、時間帯のせいもあるのか、まばらでした。周りの田んぼは、ほぼ稲刈りが済んでいて、刈穂の香りがします。電車の中からは想像するだけですが、車で窓を開けて走ると、秋を実感させるこの季節の香りです。

f:id:miyauchi135:20210927235914j:plain

 車での移動が多いので、電車はほとんど乗りません。でも、乗ってみると、案外、気持ちのいいものです。自分で運転していると、周りの景色を見ているわけにもいきませんが、電車だと見回して楽しめます。公共交通機関をもっと使うようになるには、何が必要なのかなぁ。

f:id:miyauchi135:20210928000149j:plain

 仕事場で、ちょっとした懇親会がありました。上の写真はデリバリーで届いたお料理です。スタッフはワクチン接種は終わっていますが、外での会食はまだまだ難しいので、仕事場で打ち上げ的に頂きました。非常事態宣言が終了し、夏休み期間の仕事も終わったので、お疲れ様でしたの慰労会。

 本当に久しぶりに、数人で食事をしました。席はかなり距離をとって座り、食べるとき以外はマスクを着けて話していました。なんかこの方式身に付いてしまいましたね。それでも美味しいものを何人かで食べる楽しさ! 忘れていたなぁ。

 10月のはまぎくカフェは、漸く再開することになりました。あとどのくらい、この何となく窮屈な生活が続くのか。それでも小さな息抜きをすることで、乗り切れそうな気がしています。

科学的管理法とホーソン工場の実験

 昼間は暑くても、朝晩は涼しくなりました。今日はお彼岸のお中日です。お彼岸の行事は日本独自のものだそうです。豊作祈願の「日の願い」が「日願(ひがん)」として、仏教の「彼岸」に結びついたという解釈もあるようです。そうかぁ。

 10月から始まる人間関係論の授業の準備を始めなければと思い、テキストを読み始めました。人間関係の重要性は言わずもがなですが、それが学問の一分野として登場するのは、20世紀初頭の経営学における研究からでした。その嚆矢は、「ホーソン工場実験」です。実験自体は人間関係を探るものではありませんでした。

 実験が行われたのは1924年から32年まで。シカゴ郊外のウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場でした。最初は、エレクトリック社と「全米学術協会」の「全国調査会議」が調査を行い、途中からハーバード大学のエルトン・メイヨーとフリッツ・レスリスバーガーたちが加わって、実施機関がハーバード大学になったという経緯があります。

 この時代の経営管理論は、フレデリック・テイラーが主張した科学的管理法が主流でした。科学的管理法とは、それまで工場労働者の主観的経験や技能に頼っていた作業を、客観的・科学的に整理して管理する考え方です。

 テイラー・システムと呼ばれるこの手法は4つにまとめられます。①作業量の設定:一日のノルマを、労働者の動きを実際に観察し、客観的に導き出します。②作業手順:作業の条件や流れをマニュアル化します。熟練工の効率性の高い動きをもとに、必要な道具や一つひとつの作業にかける時間を明確化。③差別出来高給:ノルマを達成した工員と出来なかった工員で、異なる賃率で報酬を支払う。ノルマ達成へのインセンティブになりますが、ハードルが高すぎるとかえって労働者の労働意欲をそぎます。それだけに作業量の設定が大きな意味を持ちます。④職能別職長制:職長の権能を計画と執行に分けます。職長があらゆることに責任を負うと、結局勘頼みの管理になって、グループごとにばらつきが出てしまいます。

 成程、と思いました。④に関しては責任者に計画と執行の両方が任されると、確かに、融通性は高まりますが、その場限りの運用が続いてしまう可能性はあります。フォロワーが追い付けない事態が起こりやすい気がします。

 この科学的管理法を実践して成功したのが、1903年創業のフォードでした。フォード・システムと言われる大量生産方式です。

 このような時代に、ウェスタン・エレクトリック社は、現代のアメリカ最大手の電話会社「AT&T」の子会社で、電気機器の開発と製造を行っていました。1914年から1918年に起きた第1次世界大戦でアメリカは、国土が戦場になることもなく、兵器の生産と輸出で巨額の富を得て、ヨーロッパの衰退の中で、世界にその地位を確立しました。この時期のアメリカの好景気を背景に、エレクトリック社は、親会社からの大量の注文をさばく必要が出て来て、作業効率、生産能率を上げるために科学的管理法の実証を行う必要が出来てきました。

 このように生産性向上のための条件を探るために行われたのが、「ホーソン工場実験」でした。職場の物理的環境条件が生産性にどのように影響するかを探る実験として始まりました。しかし実際はどういう結果が出て来たでしょうか。なんと、案に相違して、人間関係が生産性に影響するということが突き止められました。この経過を次に見ていきたいと思います。           

彼岸花を見ながら

 台風が近づいています。金曜日から土曜日には雨がどのくらい降るか、心配です。畑の端に朱色の彼岸花が咲きました。彼岸花は曼殊沙華とも言いますが、これはサンスクリット語で「天界に咲く花」の意味だそうです。その他にもたくさんの別名があります。白い彼岸花があることを、最近知りました。黄色い彼岸花もあるのですね。彼岸花には約20種類のアルカロイドが含まれ、特に球根には多いそうです。土手や畦道に彼岸花が植えられているのは、モグラやネズミから稲や作物を守るためのようです。成程ですね。私はただ「綺麗、秋だなぁ」と思いながら見ていましたが、そういう効果を狙っていたのか、と納得します。

 現代だと、超音波撃退法、なんていうのがネットを引くと出てきます。野ネズミは鳥獣保護法で保護されている、というのも知りました。そうなんだぁ。我が家は猫にも悩まされていますが、ネズミも問題ですね。この頃、野良犬にはお目にかからなくなりましたが、野良猫は結構います。

 ところで猫の嫌いな植物ってあるのかな。猫に関しては、好きな人とそうでもない人、嫌いな人いろいろです。ただ、野良猫や外飼いの猫は、問題の方が多いようです。交通事故にあう猫も多いですが、猫を避けようとして自分が事故を起こす人もいるようです。猫は動物愛護法の対象ですが、共存の方法は結構手間がかかりますね。

f:id:miyauchi135:20210916142931j:plain

障害の多様さ

 現在の新型コロナ感染拡大下でのパラリンピック開催には、いろいろな意見があります。私自身もオリンピック開催も含めて、手放しで喜べない複雑さがあります。ただ、身体障害と言ってもいろいろであることに、パラリンピックが日本で開かれなければ、気が付かないままだっただろうと思います。女子トライアスロン視覚障害)で優勝したスペインのスサナ・ロドリゲスさんは、先天的に肌や髪の色素が欠乏している「アルビノ」で、視力はほとんどありません。しかし、理学療法士としての仕事もしていて、新型コロナ感染症の現場でも働いていたそうです。視覚障害と言っても、色々原因があるんだと、改めて思いました。

 現在『東京新聞』に掲載中の「笑顔 共にその先へ」は、障害のある子どもたちの笑顔を撮り続けている葛谷舞子さんの作品を、6回にわたり紹介するものです。葛谷さんがダウン症の子どもと家族の写真を撮り始めたのは、1998年。出生前診断の記事を読んで、胎児に障害があると分かった多くの親たちが中絶を選ぶという事実を知り、衝撃を受けたからでした。葛谷さんは幼い頃人と話すのが怖かったそうです。そういうとき「しゃべらなくても、いつも仲良くしてくれたのがダウン症の子でした。一緒にいると穏やかになれたし、自分を支えてくれる存在でした。そんな子たちが‥‥と、ショックでした」と語る葛谷さん。彼女はじっくり時間をかけて子どもたちの笑顔を引き出します。昨日と今日の新聞に掲載されている2組の親子の写真は、とても素敵でした。

 障害をもつということはどういうことなのでしょうか。そして、問題なのは障害それ自体よりも、社会の中での不適応から生じる二次障害をどうやって防いで行ったらいいのか、ということです。障害が多様であるということは、それへの対処も多様であるということ。抱えている問題を理解しながら、対処法を根気強く身に付けていくということなのかもしれません。本人も周りの人間も。そして何よりも、本人自身が前向きになる、なれることが一番大切なのではないでしょうか。

f:id:miyauchi135:20210830225205j:plain f:id:miyauchi135:20210830225249j:plain f:id:miyauchi135:20210830225356j:plain

     7月下旬に撒いた落花生の種の芽吹き(知り合いから頂いた写真です)

f:id:miyauchi135:20210830225906j:plain

        落花生に花が咲いたそうです。どういう風に実がなっていくのか、楽しみ! 

h-miya@concerto.plala.or.jp