宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

「自助・共助・公助」を問い直す

 今日は暑さがぶり返しました。明日以降は、ぐっと気温が下がって、秋らしくなりそうです。

 菅政権が誕生して、その支持率が74%(日経新聞テレビ東京の緊急世論調査)、発足時歴代3位だそうです。その菅さんが掲げた理念が「゛自助、共助、公助“、そして゛絆”」です。すべて言葉としては、問題ないのですが、政権が掲げる理念となると、いろいろ問題を感じます。「自助・共助・公助」は自民党自体の基本的考え方だと、モーニングショーで語られていました。

 「自助・共助・公助」はもともとは災害時の対応に使われる言葉だそうです。自力で自分の身を守って避難所など安全な所へ移動するのが自助、避難所などで互いに助け合うのが共助、そして最後に災害派遣や物資の支給などを行政に頼るのが公助。災害時に公助につなぐ数時間から数日間を生き延びるために行うのが「自助・共助」だそうです。民主主義国家である限り、私たちは法的に守られ、権力装置によって守られています。だから政府が行うことは、一貫して公助だというのです。

 政権が「自助・共助」を強調するのは確かに違和感があります。私はこの言葉を、シルバー・リハビリ体操の講習会で聞いて、納得しました。高齢社会を維持していくには、高齢者や高齢者予備軍に必要な心構えだと思ったからです。高齢者施設で仕事をしてみて思ったことは、依存が生み出す問題でした。高齢者福祉にかかる費用と人の手当の問題。入所者や入居者で、意識がしっかりしている人たちには、「やってもらって当たり前、もっと」がどうしても出てきます。人間って、どうしても楽な状態に慣れていきます。

 公的対応は認知症に関しては必要だと思います。認知症状を呈している人の場合、家族では対応が難しかったり、子どもがいなかったり、子どもも高齢化している場合があります。こういう人たちには、公的な対応が必要だと思います。

 リチャード・ローティは人間にとって重要なものは「苦痛を感じる能力」だと述べました。だから私たちは、「残酷さを減らさなければならず、苦しみを受けやすいという点で人間存在を平等にしなければならないという、最も重要な責務がある」という考えを示し、そこに「連帯」の可能性があると捉えています。この残酷さを避けることに、ローティはリベラリズムの神髄を見ています。

 民主的な社会とはどのような社会なのか。自由で平等な社会、とまず思います。しかし、内実が問われないまま「自由・平等」が掲げられると、形だけの「自由・平等」になるのではないでしょうか。これはジョン・スチュアート・ミルが『自由論』(1859)の中で明瞭に指摘しています。理念は絶えず問い直される必要があります。そうでないと、言葉が独り歩きして、各自の思い込みが入り、苛立ちも生まれてきます。

 自由とは、失敗の可能性を受け入れた自己決定であり、リスクを冒すことの尊厳を前提にした連帯に支えられるのでしょう。しかし、そういう生き方を「勝手」と捉える感受性もあります。勝手放題をして、その挙句が公助を頼りにしている、と。

 公助とは何か。公助の平等性を保証するものは何か。そこを問う必要があります。

f:id:miyauchi135:20200918140758j:plain

9月5日に頂いたお花。ばらして幾つかに分けましたが、オアシスへの花の挿し方に迷いがなく、さすがにプロだと思いました。私がオアシスを使うと、穴が沢山開いてしまって、オアシスが使い物にならなくなります。

「形」

 今日は曇って涼しくなり、夕方は半袖では寒いくらいです。明日はまた真夏日予報ですが、こうやって少しずつ秋が深まっていくのでしょう。来月21日立ち上げ予定の多世代サロンの打ち合わせをしました。ほぼ、準備段階で話し合うべきことは終わりました。何かを立ち上げるというのは、いろいろ細かいことで詰めることが多く、打ち合わせの時間をオーバーしました。

 社協登録なので、結構、書類の約束事があります。「形」に捉われないこと、と言われますが、「形」がないと始まらないのも事実です。「形」に救われる部分も多いですが、また「形」が制約になることも事実。

 昨日生けた花の写真を載せます。教えてくれている先生の流派は池坊です。池坊には立花・生花・自由花という三つの様式があります。私はほぼ自由花で生けていますが、時々生花を教えてもらいます。立花はまだやったことがありませんが、立花正風体は最も古い形で、室町時代に成立した様式です。立花も生花も生け方に決まりがあります。その美しさには、やはり伝統美とそれを構成する天性の才を感じます。私自身は、まだ観照段階で、自分からやってみようというところまでいきません。その約束事にしんどさを感じてしまいます。でも、見飽きない美しさと見事なまでの形の完成を観とることが出来ます。自由花だけやっていると、やはり自分の傾向性が崩せず、マンネリ化を感じます。「形」というのは、導入部であり、かつ展開をその都度助けるものなのかもしれません。

f:id:miyauchi135:20200916185939j:plain

   白い花はクルクマ、赤い実はハナナス、造形的模様の葉がマコヤナ、そしてスチールグラスです。

「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」

 9月もほぼ半分過ぎました。何をやっていたのかなぁ、と振り返ってみると、「はまぎくカフェ」の申請書の訂正をして、自分の原稿の校正をして、5日、6日は介護の仕事をしていました。あとは撮りためていた連載ドラマやプレバトを見ていました。今日は、久しぶりに『男はつらいよ』シリーズの第29作目を見ましたが、いしだあゆみがマドンナ役で、ちょっと余韻の残る展開でした。

 寅さんはいつも振られているわけではありません。10作目の八千草薫、第11作・15作・25作・48作の浅丘ルリ子、27作目の松坂慶子、29作目のいしだあゆみは、寅さんに対して女として好意を示します。でも、寅さんは引いてしまって、恋は成就しません。なぜ、寅さんは自分も好きなのに相手の好意を受け入れることが出来ないのか。一人の女性と人生を歩む「覚悟」ができないから、と誰かが書いていました。

 引き受ける覚悟というのは、その他の可能性を諦める覚悟なのかもしれません。風来坊の寅さんは、風の向くまま気の向くまま生きていたい、という思いを捨てられない。彼は常民と流浪の民の橋渡しのような存在ですが、「帰る場所がある」ので安心して我儘な生き方をしています。葛飾柴又帝釈天門前の草団子屋「とらや」の叔父夫婦や妹さくらたちは、寅さんを迷惑だとか恥ずかしいと言いながらも、帰りを待っています。旅先で出会う人たちも、寅さんのとことん能天気なノリを楽しんでいます。

 『男はつらいよ』の国民的ヒットは、パターン化されていて安心して見ていられる人情喜劇であることと、寅さんのような生き方に、私たちがどこかで開放感を感じるからなのかもしれません。寅さんの立ち姿はとてもきれいで絵になります。そして、寅さんが時に示す人間に対する深い理解。

 例えば、第5作目の望郷編で、かつて世話になったテキ屋の親分が危篤になり、息子に会いたいというので迎えに行きます。その息子は会うことを拒否しましたが、彼の言い分に耳を傾ける寅さんの表情や言葉にそれが現れていました。瞬間に見せる豊かな人間性と、日ごろの「おバカ」な言動とのギャップ。こういう部分にも、人気の秘密があるのかもしれません。

f:id:miyauchi135:20200914000617j:plain

         9月8日の水田 稲刈りが始まっています

苔アート

 苔アートを始めたスタッフが、施設の利用者さんたちに簡単な作品作りを指導してくれました。私も、参加してできた作品が以下です。

 今日で8月も終わります。漸く凌ぎ易くなってきました。でも、台風のあとは、また少し暑くなるようですが。

f:id:miyauchi135:20200831175305j:plain

               8月30日制作

f:id:miyauchi135:20200831175745j:plain

                8月28日の稲穂

自由と平等

 昨日は少し風が涼しく感じましたが、今日はまた、暑さがぶり返した感じがします。台風の影響なのでしょうか。天気予報では、9月の残暑は厳しいようです。

 自由と平等は、当たり前の感覚で生活しています。でも、本当のところ、どうなのか。ちょっと情報を集めれば、相対的貧困状態の人たちが15%くらいいるとか、若年層の困窮者が増えているとか分かります。平等とは何なのか。少なくとも、経済的平等は達成されているとは言い難い。問題なのは、「最低限」が確保されていないということで、まったく「同じ」の達成ではありません。それは不可能ですし、そういう平等施策が社会的に意義があるかどうか。もちろん「最低限」の設定の仕方も難しいですが。

 平等を達成することを目指すやり方に、「機会の平等」と「結果の平等」があります。日本では、少なくとも表面上は「機会の平等」は法的にかなり保証されています。これに対し「結果の平等」にもっと力を入れて、高税率によって生活を平準化すべきという考え方もあります。少なくとも教育・医療・介護等に関しては、無償化すべきとか、ベーシックインカム政策を推進すべき、というような考え方も「結果の平等」を目指すものです。生活保護政策の問題はいろいろ出ています。むしろ、生活保護制度や失業保険制度、年金制度を止めるか大幅に縮小して、国民全員を対象に最低限度の生活を保障するための現金を給付するというベーシックインカムの考え方、ある程度納得する部分もあります。今回の新型コロナ対策の一つである、1人当たり10万円の給付は、正にこの政策のやり方でした。

 では、自由をめぐる問題は、それなりに解決されているのでしょうか。施設に勤務していて思うのは、むしろこちらの問題かもしれません。ハンナ・アレントは『人間の条件』の中で、古代ギリシアやローマでは、公的生活(政治的生活)において人間は自由で平等であったと書いています。逆に言えば、公的生活を失った、あるいは奪われている人間には自由も平等もなかったとも読めます。施設は「大きな家」ということは言えるでしょうが、そこの住人は(無能力という意味で)公的生活は奪われています。彼らにとって「自由」とは何か。生活の自立支援が介護の基本ですが、そもそも生活とは生存の必要性に制約されています。人間が生きるにあたって、自由の持つ意義はどこにあるのか。それはどういうときに実現されているのか。

f:id:miyauchi135:20200826121033j:plain

                茨城県立近代美術館(7月30日)

生の内発性

 今日は快晴、真夏日です。ひたちなか市の最高温度は31度で体感温度は36度だそうです。日陰で風が通るところにいると、それほどの暑さは感じません。でも一歩外へ出ると、太陽熱をヒリヒリ感じます。やっぱりι(´Д`υ)アツィー。

 私たちは家族(母一人子一人でも家族)の中に生まれてきます。その家族は共同体の一部です。共同体はさらに大きなユニットの一部です。そしてそれらは、現代では国家の単位に集約します。国家は、さらにほかの国家と連合を組み、国際的単位として国際連合があります。

 私たちは一人では生きられないと言われますが、生存の条件として他者を必要としているということは分かります。誰かと共に生きる、共に生きざるを得ないのが、私たちです。その関係を制御するのが、道徳であり法です。しかし、その前に各自の生の内発性が考えられる必要があります。

 内発性を表現する言葉がいくつかありますが、微妙に異なっています。まず「自発性」は、内部から発した衝動で行動するときに使われます。「自ら進んで行う」という意志の強固さを意味します。自発性は引き出すことはできますが、自発性それ自体を教え導くことはできません。

 「自主性」はやるべきことが決まっている場合、他人の指導や指令によらず、自分の判断でそれをこなすこと。「主体性」は自分で目標や目的を設定し、判断・行動すること。自分の頭で考えることです。「自律性」は自分で自分を律すること。「自立性」は、他の援助を受けずに自分で生活できること。以上は、育み育てることができます。道徳の対象となるものです。

 「積極性」は行動のきっかけは問いませんが、物ごとに対して自分から進んで関与し、ある程度以上の意欲、関心をもって取り組むことです。これはどちらかというと気質的なもので、もちろん成長過程や経験によって変わりますが、上の4つが行動の在り方として指導できるのに対し、心の持ちようを変えていくことです。より、工夫が必要になります。

 人間の幸福は「自発性」に関わっています。この「自発性」はどうすれば引き出され、維持されるのでしょうか。バートランド・ラッセルは度が過ぎたナルシシズムを批判し、外界への関心から発する何らかの行動への衝動としての「熱意」と言いました。

 熱意を失わない人たちを思い浮かべました。そう、彼らは幸福な人たちだと思います。その熱意の発揮を阻止する力として働く新型コロナ。でも、ウィルスもまた「いのち」です。仏教だけでなくキリスト教や他の宗教でも、こういう状況はどう捉えられるのでしょうか。

f:id:miyauchi135:20200820154126j:plain

             8月19日の稲穂

オンライン納涼会

 今日も暑いですが、少し、体が慣れてきたのか、昨日よりは過ごしやすいです。9月初旬までは真夏日(最高気温30℃以上)の暑さが続くようで、食事と睡眠で乗り切っていきましょう、とあちこちで言われています。

 14日の夜、Skypeで友人たちとオンラインの納涼会をやりました。まさか自分たちがオンラインでミーティングをするなんて、考えてもいなかったよねと盛り上がりました。

 新型コロナの影響が、この後、社会をどう変えていくのか、あるいはどう変わったのか、は少し時間がたたないと分からないと思います。

 ビデオ通話の操作には今も慣れていないので、いろいろ調べながら対応しています。しかし、ホント人間って、「窮すれば通ずる」だなぁと思います。会えない友人たちがどうしているか互いに気になっていて、「Skypeって何?」から始まって、ミーティングやろうになりました。

 ラインでも一度、試験的にビデオ通話を、何人かでやってみたのですが、映像と音声が上手く一致しなかったりして、そのままになりました。今回、新たにzoomを試す機会があり、もう一度挑戦しました。何がいいのかも話に出ました。zoomが一番回線が安定しているようです。ただ無料プランは40分で切れるので、再度つなぎ直す必要があります。「私たちがやったら、再接続でもたもたするね」ということで、Skypeでやることにしました。

 zoomはURLを送って、クリックしてもらうと、その人がアカウントを持っていなくても接続できます。その点では、やりやすいのですが。Skypeでもそれが可能ということでしたが、やはりうまくいかず、結局参加者はアカウントを作成しました。すでに半分のメンバーは作っていましたが、結構、じたばたしました。Skypeのアプリをインストールしていても、実際に使っているのは一人、二人くらいで、最初、不安でしたが、何とか成功。お互いに元気な顔を見れて安心しました。

 オンライン納涼会に参加できなかった友人の一人が、南八ヶ岳に途中まで登り、その動画を送ってくれました。山はいいなぁ😊。動画を何度も見直してしまいました。しばらく山に行っていませんが、行きたいなぁ。なんか不思議な夏が過ぎていきます。

h-miya@concerto.plala.or.jp