宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

錆を落として、身軽になっていくこと

 高齢者のケアに関わって、ケアの原点とは何かを改めて考えています。子どもを対象にしたケアとの違いは何なのか。登山の支援と下山の支援には違いがあると同時に、支援として同じものもあると思います。それは何なのでしょうか。

 高齢者ケアで思うようになったことは、相手と同じ景色を見ることからの出発です。相手を見るのでなく、まずは同じものを見る。80歳を過ぎた人の発達を指導するという考え方は、どう考えても無理があります。もちろん本人が学ぶ意欲と喜びを持って、新しいことに取り組んでいくとき、それに協力することには吝かではありません。

 日常生活動作の維持と再獲得に絶えず努力している人もいれば、依存的な人もいます。その支援の妥当性をどう判断するかが、結構頻繁に問われます。そこはその本人の習慣や希望と医療的対応との綱引きで、そこそこ妥当なところに落ち着かせる。しかし、本当にそんなものなのか介護は、という疑問が生じました。

 高齢の方たちと関わったとき、最初、どうしていいか分かりませんでした。高齢の方と向き合ったとき、相手を観察するだけではなく、観察する前に、あるいは観察しつつ同じ景色を見ることの重要性を思うようになりました。三好春樹さんが、「介護の町内化とエロス化を」(川本隆史編『ケアの社会倫理学)の中で次のように書いています。

 「向き合っていると、二人だけの閉じた世界になるのに対し、並んでいると、世界の中に二人がいる、という感じなのだ」

 ケアする側とケアされる側が、直接的に向き合ってしまうと関係が閉じてしまって、恣意性が出易くなります。そこにワンクッション置く必要性があります。教育の場では、教材がその役割を担いますが、介護の場では何か。世界の共有ではないかという気がします。

 同じものを見ることから始める大切さを思うのは、知覚の事実性によります。メルロ=ポンティは、知覚には現実性、事実性があり、そこには誤謬の生じる余地がないと言っています。誤謬は判断をめぐって起こります。まず、同じ場で同じ空気を吸って同じ景色を見る。絶えずそれを繰り返し、相手の見ているものへ思いを馳せる。ちょっとした表情や言葉で、何を見ているのかが分かることがあります。同じに見えているなぁと思うこともあれば、「えー、そういう風に見えているのか」と驚くこともあります。

 高齢者ケアに関わって、高齢者は、本人の自覚とは関係なく、「旅立ち」への準備をしていると感じるようになりました。まさに下山の時期です。そしてこの時期の自発性は、遊戯衝動として現われると思います。子どもにとっての遊戯が人生に必要なものを獲得していくツールであるとするなら、高齢者にとっては何なのか。それは、自らを開放していく、この世で身に付けた錆を落としていくツールではないかという気がします。

 「老いるとは楽しむこと、耐えることではない」(ブロンウィン・ビショップ)と言われたように、楽しむことは人生の義務から解放された老いた者の特権です。そして楽しむことでしか、人生の中で身に付けた錆は落ちないのかもしれません。錆が落ちないと、身軽に「旅立つこと」は出来ないと思います。

 彼らの傍で、同じペースで呼吸し、同じ景色を見ることで、私の中に生まれてきた老いて行くことへの「納得」。しかし、実際に老いの中で彼らが「納得」しているものとは、また、少しずれている気もします。

f:id:miyauchi135:20200326235915j:plain

                3月25日 勝田中原町の桜

国立ひたち海浜公園

 朝方は雨がちらついていましたが、お昼頃から晴れ間が出て来て、風は冷たくてもお天気になりました。書かなければならない短い論文があるのですが、ついつい他のことをしてしまいます。

 3時過ぎに、国営ひたち海浜公園に行って来ました。すっかり晴れて、気持ちの良い散歩日和になりました。まだまだ花の見ごろではないのですが、水仙が5分咲で、ネモフィラも咲き始めていました。今年のネモフィラは早いかもしれません。プレジャーガーデンの大観覧車に20年ぶり位に乗りました。大観覧車は平成3年10月5日にオープンしています。15分かけて一周しますが、あっという間でした。

f:id:miyauchi135:20200323190354j:plain

f:id:miyauchi135:20200323190434j:plain

                   大観覧車からの眺め

f:id:miyauchi135:20200323190707j:plain

           咲いているところは見事でしたスイセンガーデンにて)

f:id:miyauchi135:20200323190807j:plain

           みはらしの丘の咲き始めているネモフィラ

「歌カルタ」

 昨日・今日はサ高住での勤務日でした。今日は、午後のレクリエーションで、歌カルタをやりました。参加者から思い出に残る曲をそれぞれ上げてもらい、その歌手名をカードに書きます。例えば、『誰か故郷を想わざる』。これは霧島昇の歌です。「花摘む野辺に日は落ちて」で始まり、「あゝ、誰か故郷を想わざる」で終わります。YouTubeで聞いてみました。雑音が入って音質はよくありませんが、改めて霧島昇の声の良さと歌の上手さを確認。不思議な懐かしさを感じました。「花も嵐も踏み越えて」と始まる『旅の夜風』も彼の歌です。ミス・コロンビアとのデュエット曲です。

 最初は曲がなかなか出てきませんでしたが、そのうち、歌いながら曲名を上げ始め、歌手の名前もどんどん出てきました。私の方が、歌手の漢字を教えてもらいながら、カードを作りました。若いスタッフは、「その歌聞いたことはあるけど、私、幼稚園生でした」なんて合いの手も入ってきて、だんだん盛り上がります。

 利用者さんたちにも書ける人には歌手名のカード作りに参加してもらい、最後に、カルタ取りをしました。このカルタ取りは、みんな必死になっていって、声も大きくなり、爆笑。歌手カードは、曲名より多く作りました。利用者さんから出た曲名の歌手カードを取り終わった後、残りの歌手カードは、即興でそれぞれの歌手の有名な曲を、スタッフがイントロだけ歌ったりして、取りましたが、これも面白かったです。

 みんなで作るところからやったのが良かったのでしょう。最初は何をやるのかなぁという感じだった利用者さんたちが、最後は、夢中でカルタ取りに参加しました。もう一つ別のレクも考えて、用意していたのですが、カルタ取りで1時間はあっという間に終わりました。作るところから参加してもらうのが大切なんだと、改めて分かりました。楽しかったです。

彼岸会

 今日はお彼岸のお中日でした。墓参りして来ましたが、何となく雰囲気が静かでした。それなりに人は出ていたのですが、粛々と墓参りしている感じでした。何なんのでしょうね。新型コロナウィルス対策として言われている、人との距離とか騒いで盛り上がらないとか、そういうことが影響しているのでしょうか。気分的に疲れているのかもしれません。そう言えば、立ち話している人は見かけませんでした。

 お魚市場にも結構人は来ていましたが、何となく静かでした。何なのでしょう。呼び込みの声が聞こえなかったせいなのか。お客も静かだった感じがします。街なかはいつもに増して人通りがなく、晴れてとてもいいお天気でしたが、活気はありませんでした。

 ところで、お彼岸のお参りとか彼岸会の法要など、何の疑問もなく行って来ました。でも、粛々と墓参りする人たちを見ていて、どういう法要なのかなと考えてしまいました。お盆は先祖が戻ってくるので灯篭に明かりをつけて、とか分かるのですが、そういえばお彼岸って何なのかな、と考えるとよく分かっていませんでした。お彼岸もお盆も仏教が関係していますが、インドや中国にはない日本独自の行事のようです。民間習俗と結びついて、仏教行事になったと言われています。

 彼岸は此岸に対して使われる言葉で、此岸がこちら側の生きている世界だとすると、彼岸は死者の世界、仏教的には悟りを開いて現世の苦しみから離れた境地です。三途の川を挟んで、こちら側とあちら側に分けられたわけです。

 浄土教では極楽浄土(西方浄土)は西にあります。春分秋分は、太陽が真東から上り、真西に沈んでいきます。この日は、此岸と彼岸(極楽浄土)がほぼ一直線なので、この世と極楽浄土がもっとも近くなる日だと言われるようになりました。そこでこの日に遙か彼方の極楽浄土に思いを馳せたのが彼岸の始まりだと言われます。それが日本古来の祖先供養や豊作を太陽に祈願する太陽信仰の言葉「日願」と結びついて、仏教行事になって生活に根付いたと指摘されています。

 日本で初めての仏教行事としての彼岸会は、806年に行われました。「金剛般若波羅蜜多教」を早良親王崇道天皇と送諡)の霊を慰撫するために転読したのが始まりとされます。早良親王桓武天皇の弟ですが、藤原種継暗殺事件に連座の罪を問われたことに抗議、絶食して亡くなりました。その後疫病の流行や洪水に見舞われ、桓武天皇の近親者も次々に亡くなりました。そのため早良親王の霊を慰めるため崇道天皇の名が贈られ、鎮魂の儀式も何度もなされたようです。彼岸会もその一つでした。

 彼岸会の始まりは何とも禍々しさを感じさせられますが、確かに供養するという行いには、そういう霊の慰撫があるのでしょう。祖先供養というのは、単なる感謝ではない面があるのでしょうね。 

f:id:miyauchi135:20200320193506j:plain

              お彼岸の中日の華蔵院

旅立たれた方へ

 体調を崩された入居者さんが、搬送先の病院でお亡くなりになりました。93歳、数えで94歳でした。甚(ジン)さん(仮名)とお呼びしておきます。何となくこの漢字が当てはまるような感じの方でした。お亡くなりになってから知ったことですが、お子さんを4人無くしているそうです。残ったのは、遠方に住む3男さんだけ。奥様を無くされてからずっと一人暮らしをされていて、一人暮らしが無理になって入居されました。

 結構こだわりが強く、ご自分の体調が悪くても、最後までボンベを引いて歩いていました。私は、プライドの問題なのかと思っていましたが、他のスタッフから「人数が少ないスタッフに迷惑をかけたくないからですよ」と教えられました。

 お風呂が好きで、息切れしながらでも入浴していました。そのときも、直接の介助は嫌がられて、やり方が悪いと不機嫌になりました。直接ではない見守りを要求されていて、最初は戸惑いました。見守ってくれていないと叱られたこともありますが、「ずっと居ましたよ」と言ったら、黙られました。介助する側としては、車いすで移動してもらって、傍で介助したほうが安心だし、ある意味楽なのですが、最後の最後までご自分の意志を通されました。

 将棋が好きで、日曜日に他の入居者さんと将棋を指すことを楽しみにしていました。サチュレーションが70%ということがあって、驚いたことがあります。「苦しくないですか?」と聞いても、黙って将棋を指していました。その時は、ご自分で移動用のボンベに付け替えて、スイッチを入れ忘れていたせいで、スイッチを入れて1時間しないうちに90%代まで回復しました。

 頑固で自分のやり方を通された方ですが、人に対する自分なりの律儀さをもっていました。自分を気遣ってくれる人への感謝も、ちょっとした表情などから分かるようになりました。お亡くなりになって、ご家族のことなどを聞くと、人間としての芯の剛さを感じます。甚さん(仮名)のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

f:id:miyauchi135:20180729160425j:plain

                 甚さんの故郷の海

『パンセ』版の変遷

 「力のない正義は無力であり、正義のない力は暴力である」

 なんか最近見たドラマで聞いた言葉ですが、これは『パンセ』の中にある言葉です。ラフュマ版103にありますが、ブランシュヴィック版では298です。ブランシュヴィック版ではこの前後に正義をめぐる覚え書きが、まとめられています。

 ニーチェパスカルをかなり丁寧に読んでいたようです。ただ、力をめぐる思想やキリスト教との向き合い方においては、パスカルを両義的に評価していました。パスカルも、現実の世界において「強いものが正しい者にされてしまった」としますが、それは「正しいものを強くすることができなかったから」と言われます。パスカルの信仰心は、政治的世界へ向かうリアリストのまなざしに裏打ちされています。

 ニーチェはあらゆる事象を力の概念で解釈しようとしました。そのときの基準は、意志の質でした。生を肯定する能動生成の力か、生を否定する反動生成の力か。ニーチェも、現実の単なる力の支配を肯定していたわけではありません。現実の中で力を持つ者が、自らを正当化する事態をどう評価していくか。ニーチェキリスト教を批判し、世界を力の思想から解釈することを試みました。そこで出てくるのが、超人と永遠回帰の思想です。

 1662年8月19日、ブレーズ・パスカルは39歳で亡くなりました。膨大な収拾のつかない原稿の束を残して。これらの断片集は、1670年に「ポール・ロワイヤル版」として公刊され、1761年までに数十版を重ねました。初版『パンセ』では、甥であるエチエンヌ・ペリエが父フロランの代わりに、序文を執筆しています。エチエンヌは、ブレーズの姉ジルベルトとフロラン・ペリエの息子です。

 1897年、パルカルの『パンセ』は哲学者レオン・ブランシュヴィックによって、いわゆる主観的な視点からの完成版として出版されました。ブランシュヴィックは、パスカル自身のプランの発見は不可能と判断し、「合理的で、便利で、実際の用に立つ」という目的に従って、「自由な考え方で断章の配列」(パスカル著作集Ⅵ』田辺保全訳「パスカルの『パンセ』について」)をするという方針で『パンセ』を編集・出版しました。これが私たちが目にする機会の多い『パンセ』です。

 しかし、20世紀に入って、「第一写本」優位説に立つトゥルヌール版が出版され、その仮説に立ち発展させたアンジュー、ルイ・ラフュマらによって、「第一写本」の真実が証明されました。ラフュマ版『パンセ』(初版1949年、それ以降も変更有)は、パスカルの残した27の分類に従って、パスカル本人の意図にできるだけ沿った形で配列されています。

 第1章から第15章までは、人間の世界について書かれています。「正義、力」(L版103、B版298)はラフュマ版「第5章 諸事実の理由」に入っています。ブランシュヴィック版では近くに置かれている301がラフュマ版では711になっています。有名な「人間は葦である」(B版347)は「第15章 移り行き」の最後の辺り(L版200)に位置します。

 パスカルの思考の流れの中で、それぞれを読んだとき、また異なった趣で読み取れる気がします。『パンセ』の場合、ニーチェの『力への意志』に加わった編集過程での恣意性とは異なっていますが、ニーチェの遺稿集がそのままの形に編集・出版されたことで、ニーチェ力への意志の思想が読み直されたように。 

パスカルとデカルト

 ブレーズ・パスカル(1623-62)は、神話や魔術の世界から解放された近代的人間観が成立していく時代に生きた思想家です。同時代の著名な思想家と言えば、ルネ・デカルト(1596-1650)がいます。

 『パンセ』はパスカル自身が書いた本ではなく、彼が残した膨大な紙片を元に編集された断片集です。「人間は一本の葦にすぎない、自然の中でもいちばん弱いものだ。だが、それは考える葦である」(ブランシュヴィク版347、ラフュマ版200)。この有名な部分は、どこかで聞いたり、読んだりしている人が多いと思います。

 私自身は、パスカルよりもデカルトの方が好きでした。「われ思う、ゆえにわれ在り」は、高校生の頃に出会った言葉で、目から鱗でした。思想としても追い易かったし、信仰の問題をテーマにしないところで、キリスト教の信仰を持たなくても向き合える気がしていました。今、パスカルが気になるようになってきたのは、何のせいなのか。パスカルの断章の中に、人間のあり様の深みが捉えられていると感じるせいなのでしょうか。

 パスカルは、一本の葦にすぎない人間の尊厳を、考えることのうちに見出していました。しかしパスカルは、「考えること」や理性や知性を高らかに謳い上げているわけではありません。

 「人間が偉大なのは、自分の惨めさを知っているという点において偉大なのである。木は自分の惨めさを知らない。ところで。〔自分の〕惨めさを知るのは、惨めなことである。しかし、自分が惨めだと知るのは偉大なことである」(ブランシュヴィク版397、ラフュマ版114

 惨めと知っていることの偉大さ、これはかなり逆説的ポジションに立って、人間の「知ること」、それも「正しく知ること」の偉大さを評価しています。デカルトもまた正しく考えることの方法論を模索しましたが、そのやり方は、パスカル言うところの「幾何学の精神」なのでしょう。デカルトは精神指導の規則を21あげて、解説していますが、全体としては未完に終わっているようです。

 パスカルは、神は存在するかどうかわからないが、「神はあるという側に賭けなさい」(ブランシュヴィク版233、ラフュマ版418)と書き残しています。この解決策、ある意味すごい。哲学は信仰の領域と向き合って、ぎりぎりのところまで思考します。ヴィトゲンシュタインの「話をするのが不可能なことについては、人は沈黙せねばならない」(『論理哲学論考』7)は衝撃的な言葉です。しかし、彼は黙して語らない領域への深い敬意を捨てたり、そういう領域を無視した訳ではないのです。ただ、私たちは、信仰の問題を棚上げしてもいいような、免罪符をもらったような気がしていたのではないでしょうか。

f:id:miyauchi135:20200313133738j:plain

           ひたちなか海浜鉄道 中根駅の桜(2020年3月13日撮影)

h-miya@concerto.plala.or.jp