宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

「みんなちがって、みんないい」は何を肯定しているのか?

 「放課後等デイサービスみときっず」を見学させてもらいました。午前中だったので学齢前の子どもさんしかいませんでしたが、障がいを持っている子どもたちの居場所の一つなのだと分かりました。 

 少し前から、「みんなちがって、みんないい」をどう捉えたらいいのか、ということを考えています。差異の肯定の言葉としてこのフレーズを受け取る、ということを前提にします。では、これはありのままの現状追認の言葉なのか。間違ったことをしていることも認めるのか。人間の社会は、その維持のためおきてを持っています。おきてには時代遅れになったものや、もともと矛盾したものがあります。おきての縛りがきつくなると、それを壊そう、超えようとする力が働きます。「みんなちがって、みんないい」には、時にそのような思いがかぶさります。画一化の圧力に押しつぶされそうになったとき、思わず出てくるうめき声のようにも聞こえます。

 「われわれ」の境界を絶えず広げていこうとするときにも、この言葉は響いてきます。でも、超越者はすべてを容認するのでしょうか。旧約の神は怒りの神でした。善悪の彼岸ではないのです。ニーチェの遊ぶ子どもとしての超人は、「みんなちがって、みんないい」の世界に生きているのかもしれません。ただし、存在者として劣悪なものは永遠回帰の中には入ってこない、とドゥルーズは解釈しています。存在そのものからふるいにかけられる。残るのは「みんなちがって、みんないい」もの。しかしそれは、人間の小さな理性のふるいにかけられて残ったものではありません。

 肯定される差異とはなんなのかが、問われる必要があります。違うこと自体がいいことなのかどうか、という問いです。他者性と差異性は同じものでないと、ハンナ・アレントは言っています。他者性のみの存在の最もわかりやすい例は結晶だと思います。有機的生命の場合は、他者性からくる多数性と同時に差異性が現れています。多数であること、違っているということは、存在することそのものです。ただし人間においてそれは唯一性となりますが、この唯一性は言論と活動を通して明らかにされ続けるものだと、アレントは言います。

 「みんなちがって、みんないい」は現状追認の言葉ではなく、それぞれが自らの唯一性を実践し表明し続ける中で、獲得され続けるものと言っているのではないでしょうか。違っていること自体がそのままいいことなのではなく、そのことをどのように周りに表明し続けるのか、周りからの承認を引き出すか、その努力の中で差異の真価が問われていくのではないでしょうか。

 

生け花と避難計画説明会

 今日は暖かでした。お花の集まりで、お雛様をアレンジした生け花を楽しみましたが、素材も器も同じでも、微妙に異なった作品が出来上がりました。

f:id:miyauchi135:20190220233326j:plain f:id:miyauchi135:20190220233441j:plain

        私の作品                    Hさんの作品

f:id:miyauchi135:20190220233620j:plain f:id:miyauchi135:20190220233747j:plain

        Yさんの作品                  Kさんの作品

 夕方、那珂湊コミュニティセンターで「原子力災害に備えたひたちなか市広域避難計画に係る基本方針について」、ひたちなか市市民生活部生活安全課主催の説明会に参加しました。しかし、行政の言葉は固いですね。正確を期するとこうなるのは仕方ないのでしょうが。

 私たちの小学校区はUPZ(緊急防護措置を準備する地域)に入っていて、まずは屋内退避が基本になる地域です。ひたちなか市では、約15万4千人がこの区域に属します。放射性物質放出後、私たちの小学校区の避難先は石岡市の石岡運動公園です。その逃げ方も指定されていましたが、水戸大洗ICから東水戸道路に乗って、常磐道に入り、避難退避時検査場所でチェックを受け、常磐道の石岡小美玉ICで降ります。まあ、ここまではかなりパニックになっていても辿り付ける気がします。

 でもその後、国道355号線に入って県道50号線から石岡運動公園まで行けるかどうか。石岡小美玉ICで降りてから、石岡市に避難するグループは5つくらいの行き先に分かれます。私は、おそらく前の車について行ってしまいそうです。

 今日の説明会は、30名超くらいでした。これをどうやって周知徹底させていくのか。市の考え方としては、まだ計画途上なので意見を聞きたいということでもあったようですが、練り上げれば練り上げるほど、説明を受ける側は分からなくなっていくでしょうね。まあ、そもそも、無理な計画であることはみんな分かっているのですが。

ひたちなか市役所那珂湊支所の新装オープン

 廃車証明書用の印鑑証明と軽自動車用の住民票が必要だったので、那珂湊支所に取りに行って来ました。新装オープンは聞いていましたが、きれいに明るくなっていました。1階フロアのオープンスペースで、お雛様の展示をしていました。

 確定申告の時期でもあるので、駐車場は一杯でした。窓口も結構ひっきりなしに市民がやって来ていて、職員の方たちの対応もテキパキしていて、気持ち良かったです。おずおずと「マイナンバーカードを作りたいのですが」、「この手続きはどうしたらいいのか分からなくて」等々の問合せをする人たち。

 こういう窓口の雰囲気って、それぞれの地域の口調やペースが作りだすんだなぁ。都会化するほど等質化し、無機質化していくようです。以前は、役所や図書館などの効率的で無機質な対応が好きでした。湊支所の窓口は、地域の人ののどかな生活を垣間見せてくれました。若い頃は、ちょっとイラッとしたものが、今はのどかな日々の生活として受け止められます。人間の感性は変わるものですね。

f:id:miyauchi135:20190218125043j:plain f:id:miyauchi135:20190218125424j:plain 

一階フロアのオープンスペースに飾られていた           那珂湊支所入り口

寄付されたひな人形の一つ

ネットの評価

 軽自動車の中古を探して、幾つかお店を歩きました。結構疲れました。ガリバーには行っていませんが、ビッグモーターには行きました。店員さんの対応は良かったです。ただ、車の価格のつけ方や乗り出し価格の出し方はよく分かりませんでした。

 こういう大きな買い物のとき、見えない部分をどう判断するのかは難しいです。例えば、家を建てるとき、かつては知り合いの大工さんに頼みました。現代では、住宅メーカーに依頼するのが多いと思います。レオパレス21の一部アパートでの施工不良が問題になっています。一戸建ての家の施工不良も、一般の人間が見抜くのは難しいですが、マンションレベルになったら、まず不可能です。

 ビックモーターの評価もネットで思わずチェックしました。評価は悪くはなかったのですが、やはり、車についての知識不足を認識している者としては、店員さんの出してくれたかなりいい物件にも二の足を踏んでしまいました。

 大きな買い物のとき、信用というのを基準にしているなぁと思います。そしてコミュニティの中では、地元で商売をしているところについての口コミ情報は、日常的に入って来ます。全国展開の企業の場合、ネット情報がその役割を果たしているのでしょう。ただし、これはその情報を出す人のチェックが難しいので、かなりの数がないと判断基準に使えません。

 買い物だけでなく、クリニックを探すときにも、この評価を結構頼っています。あーあ、本当にネット社会なのだなぁと実感する、ここ数日でした。

「人間の多数性」

 車を車検に出したら、えーという金額が見積もりで出てきました。廃車にして、軽に変えようかと、今、見歩き始めました。でも、疲れますね、軽のこと何にも知らないなぁと、思い知らされています。
 さて、金子みすずの『私と小鳥と鈴と』の「みんなちがって、みんないい」については、以前にも書きました。この部分は現代では、ある種、コモン・センス(共通感覚としての常識)と言えると思います。ただこれはそのままでは、お題目になってしまいます。みすずの詩の力は、この最後の行、フレーズにみずみずしさ与えていると思います。でもこの組み合わせ、どこから出て来ているのでしょうか。みすずの個人的体験やあこがれでしょうか。でも、なんか納得してしまうのは、感性の共通性にも関わるのか。この頃、米津玄師の「Lemon」をよく耳にします。私も好きなので、すぐ気が付くのかもしれませんが。この詩も、共感する人が多いのは、同時代の感性の共通性に関わるのでしょうか。
 
 人間の複数性の承認は現代の正義論(ロールズ流)の前提であり、ハンナ・アレントは『人間の条件』の中で、人間の多数性について、平等と差異を言います。等しくなければ理解しあえず、しかし違いがなければ、自分を理解してもらおうと言葉を使ったり、活動したりはしない、と書きます。この差異に関して、他者性と差異性(これは別もの)があり、それが人間では唯一性となります。
 「人間は、他者性を持っているという点で、存在する一切のものと共通しており私見:ここが鈴)、差異性を持っているという点で、生あるすべてと共通している私見:ここが小鳥)が、この他者性と差異性は、人間においては、唯一性(ユニークネス)となる。したがって、人間の多数性とは、唯一存在者の逆説的な多数性である」(287頁)
 みすずの詩は、アレントの思想とつながります。アレントはこの後の部分で、人間の唯一性は、誕生による創始という活動と差異性を現実化する言論によって明らかにされると言います。
 みすずのこの詩の内容自体が多数性の条件に沿っていると同時に、詩という言説によって、みすず自らの唯一性を示したこと。これはどこから来ているのだろう、と考えています。感性の世界に生きた金子みすずと思想家として生きたハンナ・アレントが、ある意味同じものを観ている。これは時代の感性・知の枠組みに関わるのでしょうか。

心を動かしながら、繰り返すこと

 今朝も雪が降りました。午前中降っていましたが、お昼頃には天気予報の通りに止んでいました。夜になっても曇りガラス越しに白く明るく、雪明りってこんなに明るいんだと感じます。

 昨日は寒くても陽が差していました。元同僚の告別式に参列した後、水戸で用事を済ませてから、年上の女友だちとサザでコーヒーを飲みました。サザの混んでいることといったら、お店と喫茶室の席が空くのを待つ場所は「立錐の余地もない」状態でした。「カンブリア宮殿」で取り上げられてからのようです。テレビの影響力のすごさを改めて実感しました。

 彼女と芸術、特にクラシック音楽を楽しむってどういう感じなのか、などおしゃべりしました。彼女の娘さんは声楽家です。娘さんの幼い頃からの習い事の送り迎えの一コマを話してくれました。娘さんは小さい頃、クラシックバレーも習っていて、あるとき、チャイコフスキーのくるみ割りの人形の砂糖の精の役をもらったそうです。迎えに行くたびに同じところを練習していて、かかっている曲は毎回同じなんだけど、それが何回聞いても心に染み込んでくるように美しかったそうです。

 ふと「読書百遍意自ずから通ず」という言葉を思い出しました。同じ意味ですが「読書百遍義自(おのず)から見(あらわ)る」という表現もあり、こちらの方が辞書にはよく載っているようです。何度も読めば、難解なものも自然に意味が分かるようになる、ということです。

 『三国志』(『魏志』王粛伝注董遇伝)から来ています。『三国志』は中国の三国時代後漢滅亡後の魏・呉・蜀鼎立時代(220年~280年)について、西晋陳寿が書いた歴史書です。陳寿が自分の見聞に基づいて書いたのは『蜀志』で、後の二つは他の人が書いたものを参考にしたと言われます。『魏志』は王沈の『魏書』と魚かんの『魏略』を参考にしたようです。董遇は魏の武人でしたが学問が好きな人で、ただし彼のもとで学ぶ者には教える代わりに、「書物は必ず百篇読まなければならない」、「読書百遍、義自からあらはる」といったと伝えられています。

 惰性で読んでいては何回読んでも意味は分かって来ないと思いますが、入り口として繰り返し読むことは必要でしょう。心を動かしながら繰り返すこと。そうすることで、向き合っているものが、心に染み込んでくる。読書だけでなく、音楽もそうなのかなと思います。 

早すぎる死

 元同僚の方が亡くなりました。60歳になったかならないかくらいだったと思います。突然の訃報に、嘘でしょうと思いました。1月の半ば過ぎに会ったばかりでした。何年か前に私より若い研究者仲間が、当時50歳代前半で亡くなりました。そのときも、狐につままれたような気分になりました。簡単な日記をめくって、それが2011年の11月20日だったことを見つけました。

 思えば、2011年は激震の年でした。3月1日に父が亡くなり、7日が告別式、そして11日が東日本大震災でした。9月4日には尾田先生が亡くなりました。そのときは、夢中で乗り切っていましたが、今になって振り返ると、すごい年だったなぁと思います。

 元同僚も研究者仲間も早すぎると感じる死でした。途上の死。これに対して、80歳半ばを過ぎ体力に衰えを感じる方や、90歳を過ぎた方たちは「早くお迎えに来てほしい」と言います。

 私たちにとっての死は、早すぎるか遅すぎるか(感じ方の問題ですが)どちらかでしかないのだなぁと感じます。変な話、適切な死というのはあるのでしょうか。もう十分生きたから死にたいと思っても、死が即訪れるわけではなく、まだ死にたくないとその瞬間思っても引き返せるわけでもない。

 どのような死であっても、ホスピス医の徳永進さんが言っているように「感じるのは『その時を迎えましたね』という平等性くらい」ということなのでしょう。

h-miya@concerto.plala.or.jp