宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

つくば・市民ネットワーク

 昨日(19日)、つくば・市民ネットワークの二人から、話を聞く機会がありました。つくば・市民ネットワークとの出会いは、2012年頃だった気がします。その後、2015年につくばの事務所に伺って、話を聞きました。今回は、ひたちなか市に来ていただいて、市民ネットの基本的考え方と活動について伺いました。

 市民ネットワークは生活クラブ活動の中から出てきた、政治への市民参加システムです。ここで議員とは、市民ネットワークの「代理人」として議会で発言する人のことです。つくば・市民ネットワークの3つの原則は「議員は原則2期8年で交代」、「議員報酬は市民の活動費」、「選挙はカンパとボランティアで」というものです。

 議員報酬は「代理人」の必要経費(健康保険料や市県民税、年金など)を除き、代理人が属する会を作ってそこからネットに寄付します。これによって、事務所経費やネット専従の活動者の経費(といっても月5、6万円くらい。代理人の半分くらいと言ってました)やネットの活動費が賄われます。

 要は市民ネットワーク自体が「議員」なのです。議会へ持って行く意見は、すべてみんなで話し合って決めます。テーマごとに調査部会も作られています。地域の人たちの要望も、代理人だけが聞くのではなく、常に複数で聞きとって、ネットに持ち返って検討する、という形をとります。時間のかかる、効率の悪いやり方ではあります、と永井悦子さん(つくば・市民ネットワークの最初の代理人の一人)が言っていました。

 この手間暇かかるやり方は、しかし、ネットワーク活動に参加する一人ひとりの市民が、政治的に成長していくやり方でもあります。おそらく、こういう活動を通してしか、一般の市民が政治を自分の問題として考え、行動し続けることは難しいでしょう。

 「つくば・市民ネットワーク」が目指している社会とは、多くの市民参加で対話し続けながらまちづくりをしていくことだそうです。真の意味で市民参加を実現するためには、単に自分たちの「応援する」議員を出すことではなく、自分たちが実際に参加し続ける仕組みを作らなければなりません。むしろ議員は、突出して自分だけで走ってはまずいのです。自分もまた一市民として、ネットと一緒に政治的に成長して行くのであり、だからこそ次々とバトンを次の人に託していくのだし、行けるシステムなのです。

 面白システムだし、市民参加型の政治を実現するには、こういうやり方しか、今のところないのかもしれません。もちろん、諸々、問題はありますが。

f:id:miyauchi135:20190420195611j:plain  f:id:miyauchi135:20190420195321j:plain

4月18日 那珂湊コミュニティセンター脇の広場          4月20 平磯海岸

107歳の大往生

 年上の女友だちのお母さまが、107歳(数え109歳)の天寿を全うされました。3月にお亡くなりになり、帰りたかった故郷のお墓に入られたそうです。明治44年6月の生まれ。ハガキを頂いたので、お線香をあげに伺いました。100歳直前くらいの写真を見せていただきましたが、髪をきちんと染めていて、とても100歳には見えない若々しく、ふっくらとした佇まいでした。

 15歳の時に御嶽山に登ったときの写真も見せていただきましたが、和服に脚絆という出で立ちで、おそらく昔の旅姿のような支度で登山をしていたようです。明治、大正、昭和、平成と4つの時代を生き切った旅立ちです。友人と話しながら、だんだん親しい人が亡くなっていく寂しさに、二人で思いを馳せました。この感覚は若い時には分からなかった、ということで意見が一致。

 それでも100歳を越えて生きるというのは、生きてみないと分からない。友人はお母さんの寂しさについても推測していました。そうだろうなぁ、と思いました。故郷を離れて、娘夫婦や孫の家族とともに暮らしていても、おそらくその寂しさはぬぐえなかったでしょうね。私の伯母がやはり100歳を越えました。伯母は、もちろん生まれた家ではありませんが、県内に嫁ぎ、今も家族に囲まれてはいますが、寂しいだろうなぁと思います。

 何なのでしょうか、歳老いて行く寂しさって。自分が頼りにしていた人たちはすでになく、自分自身の「生き甲斐」も見えなくなっていくからでしょうか。107歳の旅立ちは、本当にスーと炎が静かに消えるようなものだったようです。直前まで食事が取れていて、眠ったまま旅立たれたとか。見事としか言いようがありませんが、それでも命を燃やし切るということの大変さは、友人の日常の言葉の端々から感じられました。

 いずれ迎える自らの最期にも思いを馳せた時間でした。

f:id:miyauchi135:20190416231701j:plain

          4月8日 ふれあいファーム芳野

常識(コモン・センス)を疑うさじ加減

 常識は必要不可欠なものですが、ときにあまりに当たり前でつまらないものになったりもします。自明過ぎて、何が問題なのか分からないこともあります。「初詣はどこに行く?」という発言に関しては、暗黙の決めつけが何かは分かりました。初詣は行くもの、という前提(日本人にとっては常識的なもの)が暗黙裡に含まれている発言です。

 「買ってきたキャベツに青虫がついてたけど、八百屋に文句言ったほうがいいかな」発言の決めつけは何か、一瞬、考えてしまいました。キャベツの青虫は欠陥商品という決めつけだ、と気が付くまでに、ちょっと時間がかかりました。私は文句は言わないですが、言うかどうか問題にすることもあると思い込んでいます。

 W.ブランケンブルクは『自明性の喪失』(みすず書房、1978年)の日本語への序で、次のように述べています。

 「われわれは、魚が水の中に生きているように『自然な自明性』の中に生きているのではありません。人間には、もともと自明性と非自明性とのあいだの弁証法的運動がそなわっているのです。疑問をもつということは、われわれの現存在を統合しているひとつの契機です。ただしそれは、適度の分量の場合にかぎられます。分裂病者ではこの疑問が過度なものとなり、現存在の基盤を掘り崩し、遂には現存在を解体してしまいそうな事態となって、分裂病者はこの疑問のために根底から危機にさらされることになってしまいます。分裂病者を危機にさらすもの、それは反面、われわれの実存の本質に属しているものでもあります」

 適切さ、いい加減の哲学って、それぞれの生き方の中で身に付けていくものなのでしょう。批判精神の大切さが言われます。ただ、その度合いは、場面によっても問題によっても異なるでしょうし、そこを見極めていくにも、各人の個別性が働きます。

 カントは人間悟性(常識)の基準の格律を、1)自分で考えること、2)自分を他者の立場に置いて考えること、3)自分自身と一致して自己矛盾のないように考えること、としています。

 私は、この3番目は難しいなぁと思っています。流れに任せていてもいいのかもしれないとも思うからです。自然に統合していくものもあるのではないかと考えるからで、そこを意識的にずっと考える必要はないのではないか、と今は思っています。

ブラックホール

 昨夜遅くのニュースでも話題になっていたブラックホールの撮影成功。ブラックホールとは、非常に重い、重力の強い天体だそうです。天体だったんだ、と改めて驚きます。何でも吸いこんでしまう空間のように考えていました。

  地球から約5500万光年離れたおとめ座のM87銀河の中心にあるブラックホールだとか。1光年は9兆4600億キロメートルですから、その5500万倍。質料は太陽の65億倍。ちょっとイメージもできない、壮大な世界です。科学の世界はミクロの世界に向かう方向とマクロの世界に向かう方向と、どちらも私たちのイメージをはるかに超えてしまいました。

 こういうニュースに触れると、人間がぐちゃぐちゃやっていることとのギャップの大きさに、はっとさせられます。今日の東京新聞の一面の左上半分は、「桜田五輪相 辞任表明」でした。ブラックホールのニュースは、2面総合の左、紙面の4分の3くらいを占めています。他の新聞をチェックしていないので、その扱い方の違いを比較できませんが、一面トップに何を持ってくるかなど、書き方と同時にその位置に、新聞社独自の判断が働きカラーが出ます。

 テレビのワイドショーでは、ノーベル賞級の発見と報道しているところもありました。こういう研究に取りつかれている人は、そしてそういう研究の才能を持っている人たちは、おそらく寝ても覚めても、意識はこの問題で占められているのでしょう。うーん、こういう大きな夢、希望を追い求める人もいます。

小さな幸せ

 今日は真冬の寒さがぶり返し、桜に雪が降っている地域もありました。この辺りは、小雨と寒さだけでしたが、体調がおかしくなります。

 なんか気分も弾みませんが、こういう時は、ちょっとした好きなものに気持ちを寄せると、嬉しくなります。例えば、久しぶりに見たアメリカのテレビドラマ「CSI:科学捜査班」が面白かったので、また見ようと思うことで気分が上がります。晴れたら、畑の草を取って、夏野菜を順番に植えていこうとか。気の合う友人との何気ないひと時も嬉しいものです。そして美味しいものを作って食べること。何かを作る喜びはどこから来るのでしょうか。作り出すことには、私たちの根源的欲求が関わっているのでしょうか。

 そういう小さな幸せが、おそらく気持ちを緩めてくれて、ほっこりさせてくれるのだと思います。疲れているときは、そういう小さな幸せ、好きなことに気持ちを向けることにしています。やらなければいけないことは後回しです。

f:id:miyauchi135:20190410224314j:plain f:id:miyauchi135:20190410224422j:plain 

 4月6日 久しぶりに会った友人と民家レストラン「グルメ・ド・タカ」でのちょっと贅沢なランチ。

桜巡りて想う

f:id:miyauchi135:20190409193830j:plain

            4月7日那珂湊図書館脇の広場の桜

 花が桜に変わりました。日曜日(7日)の那珂湊図書館脇の公園の桜です。月曜日には、常陸大宮市に行って来ました。ここは、ひたちなか市より、少し開花が遅かったようです。丁度、今日、満開になりました、と言われました。ひたちなか市の桜は、葉桜のところも出て来ています。

f:id:miyauchi135:20190409194917j:plain f:id:miyauchi135:20190410134544j:plain

           4月8日 花の寺 弘願寺にて(常陸大宮市

 花の寺、弘願寺の桜です。境内にはくすぐり地蔵があり、地蔵の体の、自分の病んでいるところと同じところを触ると、病が治ると言われています。身代わりになってくれるわけです。「聴くだけ観音」では、椅子に座って観音菩薩に向き合っていると、心が静まっていきます。久遠の中へ私の声が吸い取られて行くような、そういう静謐な瞬間に、ふっと心の緊張が解けていくような感じになりました。

f:id:miyauchi135:20190409200346j:plain

              4月9日 旧県庁お堀端の桜

 旧県庁のお堀端の桜です。今年が見納め。今日、本を返しに図書館に行ったので、写真に収めました。故高木きよ子先生は桜が大好きで、この時期になると心が騒いで、じっとしていられないのよ、とおっしゃってました。高木先生には到底及びませんが、やはり、桜が咲く時期は気になって歩いてしまいます。

 高木先生は宗教学者であると同時に歌人であり、属されていた「宇宙風」にもお誘いいただきました。ただし、私にはその才がまるでなかったようで、続きませんでした。でも、言葉の美しさや難しさに気づかせてもらえました。

  「さくら花飽かず追ひゆきその果てにあふるる程の春に逢ひにき」

                       (高木きよ子『歌集 花明り』昭和53年

  「かがよひて天を蔽へり散りしきて地を埋めたり桜まんだら」

  「あれほどの桜ことごと浚ひゆきいづちをさして春は行くなる」

                      (高木きよ子『歌集 夕桜』平成10年

 「あう」という言葉を漢字にすると「会う」「合う」「遭う」「遇う」「逢う」などと出てきます。最初の二つくらいは、使い分けますが、あとの三つはあまりなじみがないのが普通ではないでしょうか。「遭う」はばったり出あうことで、どちらかというと酷い目にあうときに使います。「遇う」は思いがけなく出あうことですが、「幸運に遇う」とか「ばったり遇う」というように使います。「逢う」はお互いに行きあうこと。そうか高木先生は、桜と出逢っていたんだ、と納得します。でもその一方で次のようにも詠みます。

  「桜咲けばいづこまでもと追ひてゆくわが執念は片恋にして」(『夕桜』

 「浚ひゆき」は、最初読めませんでした。漢和辞典を引いて「浚う」は「さらう」と読むこと、井戸や川の底を深くすることだと分かり、歌のイメージが湧きました。この頃は、ひらがなで書いてしまうことが多くなっていますが、漢字は奥が深いですね。桜を追い求めて春と出逢うと詠みながら、桜へのおもいを片恋とも詠む。人の「おもい」も複雑で奥が深い。

 高木先生は「想(そう)」という題で歌集を出したかったそうですが、「おもい」とも読むこの字、でも「おもい」と読まれては意図が異なるということで、迷った挙句にあきらめたそうです。「想(そう)」とは、仏教で、すべての対象を意識の中で構成する作用のことだそうです。確かに、高木先生の歌は、抒情歌のようでいて、かなり理屈の歌だという気がします。意識による構成作用として、歌を創っていたのかもしれません。 

春の庭

  ようやく春らしい陽気の一日がやってきました。また、ハーブを植えようと思って、庭の草取りをしていたら、昨年植えたハーブがすでに育っていました。ちょっと感激です。水仙やヒヤシンスも花を咲かせ始めていて、「春だなぁ」と嬉しくなりました。

f:id:miyauchi135:20190404151624j:plain

レモンバームが草の中に埋もれていました。ローズマリーも放っておいたのに花が咲いてました。

f:id:miyauchi135:20190404152731j:plain f:id:miyauchi135:20190404152817j:plain

h-miya@concerto.plala.or.jp