宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

『改訂御定法』(山本周五郎)

 久しぶりに山本周五郎の短編を読み返しました。これは私の好きな短編で、プロットも登場人物も気に入っています。映像化するとしたら、誰かななど思いながら読んだりもします。

 町人資本が勃興した時代の話なので、元禄(1688-1704)時代以降。主人公のいいなずけ河本佳奈が、元禄袖の常着に半幅帯という略装という表現もあるので、江戸時代中期の町人経済が武士を圧迫していく時代を背景に、武士としての生きざまを描いていると言っていいでしょう。まだ江戸後期程には、社会状況が混乱していない感じがしますが、それでも江戸初期の統一貨幣制度の導入が町人資本を成長させ、武士が金に振り回され始めている状況が伝わってきます。

 江戸時代の金貸しは、「両替屋」が行っていました。元々は金銀銅貨を両替するのが仕事でしたが、副業として預金業務と貸付業務を行っていたようです。両替屋からお金を借りられるのは、余程信用がある者に限られていました。また、大名などは身分にもの言わせて、踏み倒しもしたようです。大名貸し潰しが頻発するようになると、両替屋同士が大名貸しに対し企業連合を結成しました。

 まあ、武士が身分と権力を立てに借り倒しをする、ということは大名レベルでなくともあり得ます。この話は、町人が武士を訴えることができるように改正された御定法を背景に、商人と武士とが、お金とどう向き合うかをめぐって展開されます。

 この御定法の改正は行きすぎだと反対したのが、若き日の主人公中所直衛で、彼は若き藩主甲斐守教信に疎まれ、閑職に追いやられました。それから7年後、中所が案じていたような事態が起こりました。武士が借金まみれになって訴えられ、友人の町奉行で佳奈の兄である河本宗兵衛に相談されます。直衛は「自分ならこの裁きをつけられる」と引き受け、見事に裁きました。商人が武士に藩を担保に金を貸すという事態に釘を刺したのです。いざとなれば、訴訟を起こして金を取り戻せる、だから武士に金を貸すし、武士もついその手口に乗ってしまう、という危険を除きたかった、と直衛は終幕で言っています。

 直衛は、金を借りて問題を起こした矢堂玄蕃を嫌っていますが、それはその生き方への疑義であり、この問題に関しては武士としての面目を立てさせ、かつその身の処し方にも、自ら悟って腹を切るという結末を用意しました。また藩を担保に(裏業として)金を貸した要屋主従を30日の入牢としました。しかし玄蕃には、直衛自身が料亭難波から5年がけで借りた金を渡して、要屋に返させます。借りは借りだからと。そして要屋主従も10日もしたら帰宅させようと、その目的が釘を刺すことだったと分かるような結末になっています。

 よく出来てるなあ、と何度読んでも感歎する短編です。情も理もある筋立てです。怒った顔がきれいだという佳奈の造形も好ましいし、頑固で癇癪もちの城代家老朝倉摂津に対しても、一歩も引かない直衛の性格にもほれぼれします。江戸時代をもう少し調べようかなと思いました。

技術か性格か

 ここのところ、病院通いが続いています。身体のメンテナンスの時期なのでしょう。5日に右下の親知らずを切開抜歯、11日に左肩の石灰沈着腱板炎を診てもらいました。今日、親知らずの手術の抜糸をしてもらい、ひとまず親知らずの治療は終了。2007年に左下の親知らずを抜いたときは、2時間半かかり、死ぬ思いでした。今回は、抜歯自体にかかった時間は10分。えー、あれは何だったの、と思いました。後でネットで調べたら、親知らずの抜歯はかなり難易度の高い手術で、技術の差が出てしまうとありました。

 ふと『ドクターX』を思い出しました。「私失敗しないので」が口癖の彼女は、手術にあたって、あらゆる想定をして対応策を練っていました。性格に難あり、というキャラですが、でも真っ当と言えば真っ当なことを言っています。

 よく「性格が悪くても腕のいい歯医者にかかりたい」と言われますが、本当は両方欲しいところです。頭の良さや腕のいいことと性格の良さは、必ずしも比例しません。でも、ここでいう性格の良さとは、何を言っているのでしょうか。人当たりの良さのことでしょうか。極悪人に、自分の口の中をいじられることを許可する人はまずいないと思います。プロフェッショナルとしての倫理観を持っていることは、当然のことと前提されているわけです。そう考えると、性格か技術かの問題の立て方は、要はコミュニケーション能力か技術かということなのだろうと思います。

 技術者は、技術があってなんぼのもの。コミュニケーション能力はあった方が、本人にも周りにも望ましいでしょうが、基本はプロフェッショナルの自覚と技術だろうなあ。誤解のないように言っておけば、今回抜歯してくれた先生は、丁寧で親切でしたよ。

『大統領の料理人』:美味しいもの万歳

 10月もあっという間に過ぎています。今日は台風の影響で、真夏日でした。明日は24度まで下がるようですが。10月といえば、収穫の秋。美味しいものが一杯。そういうわけでもないのですが、『大統領の料理人』(2012年公開)のDVDを借りてきて、観ました。ともかく、素朴な家庭料理として作られているプライベートランチの豪華なこと。まあ、大統領のランチなので豪華なのかもしれませんが、これが素朴な家庭料理かい、と思いながら「美味しそうだなぁ」と観ていました。

 これは実話に基づいた映画です。1988年から2年間、フランソワ・ミッテラン仏大統領に仕えたダニエル・デルプシュさんをモデルにしています。デルプシュさんは、フランス大統領官邸(エリゼ宮殿)の史上初の女性料理人です。彼女はプライベートランチを担当するように抜擢されました。美味しいものを、食べる人の好みを考えながら作る彼女は、妥協せずに食材を吟味し、助手の二コラと一緒に試作を重ね、大統領を満足させる料理を提供し続けます。

 エリゼ宮は、1718年にフランスの貴族のために建てられた宮殿で、その後、ルイ15世の愛妾ポンパドール夫人やナポレオンの皇后ジョセフィーヌらが住まいにしていたこともあります。大統領官邸としては、1873年から使用され、ここを住まいにする大統領は、エマニュエル・マクロンで23人目です。

 さて、映画に戻ると、大統領の健康管理や経費削減が進められて、彼女は自由に料理が作れなくなります。さらに、入った当初からの主厨房の男性シェフたちからの当たりの強さにも疲れ、2年で退職してしまいます。その後、南極のフランス観測基地で1年間料理人をしてお金を貯め、ニュージーランドでトリュフを育てる土地を手に入れます。これも全部実話だそうです。なんか、すごい行動力だなぁと、圧倒されました。でも、「料理は芸術よ」という彼女の言葉には同感しました。だからこそ至高のトリュフを育てたい、という思いで南極で働く。これも何となく納得。

 美味しいものの力、これはありです。話が飛びますが、高齢者の低栄養が問題になっています。利用者さんを見ていても、食が細い方がいますが、彼らも好きなものや美味しいものは全部召し上がります。見ている側も嬉しくなります。食の力はすごい。映画自体はそれほどストーリー性がなく、話もある種挫折の物語でもあったのですが、でも美味しいものの力を、作る側も食べる側ももらえると感じさせられ、とてもほのぼのと豊かな気持ちになりました。

『新潮45』休刊から人権を思う

 今日のワイドショーでは、貴乃花親方の引退宣言会見と『新潮45』の休刊が目を引きました。『新潮45』は、杉田水脈衆議院議員のLGBT(性的少数者)の人々への「生産性がない」という主張を掲載した8月号に続き、10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文』を特集して、休刊に至りました。

 江川紹子さんが、BJ(Business Journal)に書いている分析が納得できます。LGBTの問題を、杉田議員が性的「嗜好」、つまり好みや趣味の問題と捉えていることの誤りや(生産性のない)彼らへの税金の投入への疑問視発言は「非難の度が過ぎる」という指摘など、その通りだなぁと思いながら読みました。

 尾辻かな子衆議院議員が各省庁に問い合わせたところ、彼らに使われている税金支出はほとんどなく、具体的な金額が提示されたのは人権擁護局を抱える法務省だけ。法務省での29年度予算を見ると、「LGBT(性的少数者)の人権問題対策の推進」として計上されているのは1300万円で、法務省予算の0.017%。国の一般会計予算の0.00001%です。渋谷区では男女共同参画と合わせて1300万円ですが、それでも予算総額の0.01%。

 これらの数値を上げて、江川さんは「これを『支援の度が過ぎる』とは、『非難の度が過ぎる』だろう」と書いています。思わず、その通り、と思いました。

 杉田議員は、要は批判したいんだよなぁ、LGBTの人たちを、と思わざるを得ません。自分の心の中だけで思っている分には思想・信条の自由ですが、衆議院議員が公的媒体を使って「人権」の考え方に背く発言をすることに問題があります。そしてそれを掲載する出版社側は、まさに「差別でめし食うな」(抗議行動をした人たちのプラカードの言葉)と言われてしまう事態を招いています。

 人権の宣言とは、そこに自由の重要性が認識され、その重要性が原動力になっています。例えば、拷問されない権利とは、すべての人が拷問から解放される自由の重要性から出てきます。ここで重要なことの一つは、「すべての人」が主語だということで、自分が共感する相手だからとかではありません。好悪に関係なく、あるいはその人の所業に関係なく、人間であることから生じる権利です。

 そして人権とは、この拷問に関して言えば、拷問したい人間に、拷問を断念させる根拠であり、また拷問するつもりのない者に、拷問という事態をチェックし、抑制する責任を生じさせます。

 <人権>の宣言とは、<人権>を明文化した中で言及された自由の意義に適切な関心を払う必要があることを、倫理的に肯定するものであり、人間としてふさわしい条件としての自由の重要性に注意を向ければ、自分の権利と自由だけでなく他の人の重要な自由に関心を向けることにも、行動を起こす理由を見い出せるようになります。

 人権とは、モノではなく、コンセンサスであり、私たち一人ひとりの意識と行動によって維持されるものです。「人それぞれ」が成り立つ(信念的)地盤であり、この地盤を「それぞれ」ということは出来ません。一人ひとりの人間としての自由の尊重は民主主義社会の地盤であって、ローティが言うように、歴史的偶然の幸運な産物です。そして言論の世界の自由は、公的なものであり、歴史的真理に背くことは、自分の首を絞めることになる。ため息と共に思います。

心身二元論の効用

 どうも夏の疲れが出ているのか、やる気が出てきません。体調が気分にも影響している感じです。このこころとからだの関係は、本当のところどうなっているのでしょうか。

 こころとからだが別の原理で動いているというのは、ごく普通に捉えられます。ただし互いに影響を与え合っていることも。これを完全に別実体に切り離したのは、デカルトです。

 こころとからだは、アリストテレスにおいても概念上、「形相と質料」として区別されています。しかし存在としては分離されず、一つの実体をなすと考えられていました。デカルトにおいて、精神と物体は別々に独立して存在する実体であるという二元論が確立します。このような自我(意識)の概念を全面に押し出して、原理として据えてゆくという近代以降の立場とは、真理の基準が「明晰判明な」認識になったことを意味します。つまり自分の意識にとって、合理的に知られるものだけを存在すると認めよう、ということです。

 まあ、迷信や神的権威への盲従などを克服していくには、このような理性を中心に据えていく必要はあったと思います。そしてどうやって存在するものを捉えるかを考えていくとき、理性の能力が重視された。

「物体そのものも本来は感覚によって、あるいは想像する能力によって知覚されるのではなく、ひとり悟性によってのみ知覚せられる」(『省察』「省察二」)。

 しかしまた、デカルト自身は神を否定はしていませんでした。彼が自然学の諸原理として認めるのは、数学における原理だけですが、しかしそれは自然の側から検証されなければならない、と言います。なぜなら、人間の側から立てられた理論が、外的自然に必然的に妥当するとなると、神の意志に必然を課すことになってしまうからです。ここに実験の重要性が出てきます。

 デカルトは、界の物体の物質が同一であること、それらが分割され得ること、それらがさまざまに運動し、何らかの円運動をしていること、また宇宙においては運動量が一定であること等を主張します。しかし、それらの部分の大きさや運動の速さ等は神によって無数に多様な仕方で配置され得ました。それゆえ「どれを神が他のものよりも選ばれたかということは、ただ経験だけが教えてくれるべきものである」(『哲学の原理』第三部)と、実験の意義を論じました。

 デカルトの発想を追っていると、なんか気分がすっきりしてきます。

 デカルト自身は、かなり常識人的に行動していました。日常的行動における常識を重んじていました。社会が許容するものをとりあえずは認めます。しかし、考えることは私たちを「自分」というものへ纏め上げる力があります。自分自身として、世界から身を引く「自由」。これに対して感じることは、共感することへつながり、むしろ「自分」が拡散していきます。共同体性を強化・維持するにはこの感情的な連帯感をいかにかもし出すかが、ポイントになりますが、「自分」を失うことにもなります。

 「私であること」の徹底による開放感。心身二元論にはそういう効果がある気がします。気分に振り回されないようにするには、時々、こういう思考の世界に入る必要性があるなぁと思っています。

f:id:miyauchi135:20180923210010j:plain 

   お彼岸のお中日だったので、お墓参りに行って、いつも行かない奥の方にも行ってみました。

生き切ること

 

 生き切るとはどういうことなのでしょう。東日本大震災のときの遺体処理のドキュメンタリー的映画『遺体』を授業で観たとき、若い人が亡くなった場面で、「でも生き切ったのだと思います」と私が述べたことに、納得できない学生が何人もいました。納得できない気持ちはよく分かりますし、若くして死ぬことがいいことだとは思いません。

 感情的には若い人の死は、確かに納得が行かないし、怒りさえ感じます。でも平均寿命まで生きれば、納得がいくのかというと、どうもそうでもなさそうです。身内の死は、幾つであってもやはり納得できない気がします。若い人の死の場合、他人であっても納得できないということはあると思います。この「死」を受け入れられないというのは、どういうことなのでしょうか。

 「瞬間」が「永遠」である、と捉えれば、断ち切られたように見える生も、一瞬一瞬に完成しているとも言えます。「今」以外に存在するものはないし、「今」しか生きられないのに、それがずっと続くように思うのが、私たちです。これは煩悩なのでしょう。平均寿命は数値化できますが、でも自分の寿命は分からない。これは恐ろしいと言えば恐ろしいですが、それが生命の本来の在り方でもあります。生まれてきたことの奇跡、生き続けていることの奇跡。そう思うと、その生命がどこで途絶えても、「よくぞ今まで生き切られましたね」という思いがするのです。

 残された者の悲しみの深さは、そういう生命の奇跡が消えたことが呼び起こす衝撃ではないでしょうか。

f:id:miyauchi135:20180922011227j:plain

      久しぶりに花を活けました。蓮の実、モンステラ、薔薇、柳 

藤田嗣治展

 午前中は雨がぱらついていましたが、3時過ぎには上がっていました。友だちと久しぶりにランチをして、それぞれの近況を報告しあって、そのあと一人で東京都美術館で開催されている「藤田嗣治展」を観てきました。

 藤田嗣治1886年(明治19)軍医の次男として、東京で生を受けました。14歳で画家になる決心をして、父親の許しを得て東京美術学校で学び、1913年にフランスに渡ります。エコール・ド・パリの一人としてシャガールモディリアーニらと共に人気画家になり、乳白色の下地、細い線描を特徴とする独自の画風を完成します。1934年に帰国し、第2次世界大戦中は「アッツ島玉砕」などの戦争画も描きました。そのため戦後は国策協力を糾弾されて、49年に日本を離れます。ニューヨークを経てパリに渡り、55年にはフランス国籍を取得し、洗礼も受けてレオナール・フジタとして、1968年に亡くなりました。

 膨大な量の作品が一か所に集められていて、圧倒されます。独特のつややかな乳白色の世界は、装飾美の世界。それだけに1940年の「争闘(猫)」には驚きでした。こんなものも描いていたのか、と思うと同時に、でも「5人の裸婦像」(1923年)の構成的な画面の作り方と同じ感覚、写実というより構成された装飾性を感じました。

 久しぶりに美術館に行って、美術館巡りもいいなぁと思いながら帰ってきました。

f:id:miyauchi135:20180916001250j:plain f:id:miyauchi135:20180916002022j:plain

  ガラスで反射してしまいました。          国立西洋美術館の催し物は、外からでも人が溢れ

                          ているのが分かりました。

h-miya@concerto.plala.or.jp