宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

日常生活の中の「裸の事実」

看護や介護という分野での「科学的」とはどういうことかを考えています。戸田山和久さんの『「科学的思考」のレッスン』(NHK出版新書)に、科学的説明はできるだけ「裸の事実(Bare Fact)」を減らす試みだ、という表現が出てきました。これは哲学で言う「…

ハイデガーのSorge(関心・気づかい)3.

昨日は小雨で肌寒かったです。今日は曇りで時々晴れ間が出ていますが、寒いです。明日からは気温が上がるとの予報。暖かくなると、草の伸びが速くなります。そうなると、草と格闘の時期に突入です。「晴耕雨読」という言葉が浮かびました。「晴れた日には田…

ハイデガーのSorge(関心・気づかい)2.

ここのところ、お天気も安定していて、桜がきれいです。西洋シャクナゲも花が開き始めました。 2021年4月2日庭の西洋シャクナゲ 今、ハイデガーのSorge(関心・気遣い)の解釈をしている論文を幾つか読んでいます。ハイデガーは「現存在(人間)の存在」をSo…

津軽三味線を聴く

はまぎくカフェで、津軽三味線を弾く「弦悟郎」という5人の小中学生グループの演奏を楽しみました。とても上手で、子どもたちの将来を思うと、ワクワクしてくるような演奏でした。 コミュニティーセンターのラウンジからみた桜です。昨日から満開のようです…

映画監督小泉堯史さん

小泉堯史さんのお話を聞く機会がありました。映画に描く人物は、自分が会いたい人だそうです。そして、これまで、映画に関わりたくないと思ったことはないとも。ある監督のグループにいたときは、合わなくてすぐに辞めたそうですが、黒澤明監督のもとでの助…

レクリエーションとインプロゲーム

インプロゲームの即興性は、認知症の人の方が得意かもしれないなぁ、なんて思います。理屈で考える通常の大人度の高い人は、インプロゲームは苦手で、つまらない内容になってしまいます。もちろん自分の殻を破るのには、いい訓練になります。 ワンワードとい…

東海第二原発運転再開をめぐる訴訟判決

18日、水戸地裁は運転を認めない判決を出しました。訴訟の争点は幾つかありますが、避難計画の不十分さが、人格権侵害の具体的危険を示している、というのが、判決理由でした。人格権というちょっと仰々しい言い方に、えっと思いました。要は、人が人として…

物語の世界

物語の世界ってどこにあるんだろう? これは時折気になる問いです。 「ウチの娘は彼氏ができない」(北川悦吏子作)が終わりました。菅野美穂主演というので、何となく見始めて、脚本北川悦吏子と知って、納得。言葉の軽やかさと環境設定の面白さ、出てくる…

共感と道徳

ポール・ブルームの『反共感論』を読み終えました。彼は道徳指針としての「共感」は弊害の方が大きいと言っていますが、共感全部を否定しているわけではありません。さらには最後で、「人生には道徳以上のものがある」「共感は喜びの大きな源泉になりえる」…

共感の必要性?

今日は母の受診に付き添いました。帰りに、弘道館鹿島神社の梅を見ながら、車の中でおにぎりを頬張りました。この季節、梅があちこちで咲いています。こぶしも咲き始めています。 『反共感論 社会はいかに判断を誤るか』(白揚社)を4分の3くらいまで読みま…

子どもの絵

子どもの絵って、どうやって描いているのだろう、と思います。絵本の影響なのでしょうか。今日、たまたま見た小学一年生が書いた人の顔を見て、家の子が幼稚園の年長さんか小学校の低学年で描いた時の絵を思い出して探しました。 子どもが私を描いた絵(20年…

終活

少し前から、年上の友人が「終活している」と言っていました。年賀状で、「今年が最後」という連絡をいただくことも増えました。そうかぁ、身の回りの整理しなければと思うようにはなっています。 「終活」という言葉は、2009年に『週刊朝日』が連載を組んで…

人間の尊厳と自立5.人間の尊厳の根拠

「人間の尊厳と自立」という科目の成立を見てみると、法律に記載された(誠実義務)こと、というのが大きいようです。ではなぜそのような条文が出てきたのか。その背景には、施設における拘束等の問題もあるのではないかと思われます。これはまた別に考えて…

『反共感論』

ポール・ブルームの『反共感論 社会はいかに判断を誤るか』(白揚社、2018年、原書版2016年)を読み始めました。ちょっとセンセーショナルな題名に足を止めたのと、私自身、共感とか思いやりが道徳にどういう役割を持っているのか、ずっと気になっていたため…

山百合の会

月一回、数人で集まって花を生けています。先月は県独自の緊急事態宣言でお休みでした。23日午前零時をもって緊急事態宣言が解除され、今日は久しぶりに集まって、花を生けることができました。 桃、麦、レースフラワー、ラナンキュラス 桃と組み合わせる花…

EBMの「エビデンス」とは?

昨日は風は少しありましたが、暖かでした。今日はもっと気温が上がりました。今週の半ば以降はまた冬の寒さがぶり返し、風邪をひきやすいので気を付けてくださいと、昨日の天気予報で言っていました。 さて、このところ考えていた科学的ということは、EBMの…

介護福祉士実務者研修

今日は、昨日の骨に染みるような寒さとは打って変わって、暖かでした。介護福祉士実務者研修のパンフレットを、ある研修実施機関に行ってもらってきました。以前にここで介護職初任者研修を受けましたが、かなりしっかりしたカリキュラムを組んでいました。 …

人間の尊厳と自立4.介護福祉士養成コースのカリキュラム改正

2007年の「社会福祉士及び介護福祉士法」の大幅改正で、介護福祉士の誠実義務と資質向上の責務が加わりました。誠実義務では担当する人の「個人の尊厳保持」と「自立した日常生活を営む」ための支援が書かれています。 社会福祉士及び介護福祉士は、その担当…

「心の哲学」

心と身体をめぐる問いは、哲学の中心的問いの一つです。心とは何であって、どこにあるのか? この心をめぐる哲学で、私が最初に鮮烈な印象を受けたのがリチャード・ローティでした。彼は、『哲学と自然の鏡』(Philosophy and the Mirror of nature,1979)で…

すわ!3.11再来か!

昨日(13日)の夜、11時8分の地震は大きかったです。11日から12日にかけて、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任と後継指名問題で、ワイドショーは持ちきりでした。それが今日は、地震のニュースでもちきりです。イヤー、何が起こるか分か…

「科学的とはどういうことか」

これは板倉聖宜さんの本の題名でもあります。『科学的とはどういうことか いたずら博士の科学教室』(仮説社)を読み始めました。なかなか面白いです。でも、そもそもなぜこういう問いが出てきたかというと、介護の専門職としての定義づけを考える中で、「専…

現実と個人の理想との軋轢の中で生じる「問い」

晴れていますが、今日は寒いです。昨日も午前中は曇っていて寒かったですが、午後になって陽が差してきて、少し暖かくなりました。夕方からはまた冷え込んできて、今日は寒いです。窓越しに見る景色は、陽が差していて暖かそうですが、ちょっと外に出ると途…

ハイデガーのSorge(関心・気づかい)1.

ハイデガーの『存在と時間』(1927年)は、存在そのものへの問いを現存在(人間)を通路として問う、というものです。そのために、彼は実存哲学者に分類されますが、彼の問いの本質は「存在」とは何かと言うことでした。ハイデガーの存在そのものへの問いは…

人間の尊厳と自立3.社会福祉基礎構造改革

2012年に介護福祉士養成校で授業を受け持ったとき、「倫理学」ではなく「人間の尊厳と自立」になっていたという話は、最初に書きました。テキストを渡されて、福祉サービスの提供は、措置から利用者の主体的利用(契約)に変わった、というようなことを読ん…

人間の尊厳と自立2.介護とは3大介護のことか?

「社会福祉士及び介護福祉士法」(1987年制定、1988年施行)は2007年に大幅に改正されています。改正は大きく4点あります。①定義規定の見直し、②義務規定の見直し、③資格取得方法の見直し、④社会福祉士の任用・活用の見直しです。現場等で一番話題になるのは…

ニーチェ『ツァラトゥストラ』9:「精神とは自ら生に切り入る生」

『ツァラトゥストラ』の中で、精神について書かれている言葉で一番私が引きつけられているのが、以下の引用の部分です。第二部「著名な賢者たちについて」に出てきます。そして、採録的に第四部の「ヒル」にも出てきます。 精神とは、自ら生のなかへ切って入…

春を先取りするネコヤナギ

今日は空気は冷たかったのですが、晴れていて、部屋の中は暖かでした。今日で1月も終わりです。今月はお花の会は中止です。コロナの影響で、公共の研修室が借りられませんでした。2019年と2020年の1月のお花の会で生けた写真を見てみると、どちらもネコヤナ…

感情的対応

木曜日は夕方から雪混じりの雨になりました。あまりの寒さに、もっと重ね着してくればよかったと思いながら、図書館に本を返しに行きました。すぐ退館するつもりが、本のタイトルを読んでいるうちに、何冊かピックアップして借りてきました。4月からの授業の…

人間の尊厳と自立1.科目成立を考える

これは介護福祉士の試験科目の一つです。私が最初に介護福祉士養成校で受け持った授業は、「倫理学」でした。1997年から2005年まで担当しましたが、次に2012年に再度受け持った時、担当科目名は「人間の尊厳と自立」になっていました。この科目名の仰々しさ…

義務と責任

緊急事態宣言が、東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の1都3県から、栃木県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県の7府県に追加で出されました。11か国・地域との間で例外的に認められていたビジネス関係者の往来も停止。新規入国者も原則認めない…

h-miya@concerto.plala.or.jp