読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮内寿子「おはなしのへや」

日々、思うこと。

事務所開設にあたって 「地方自治は民主主義の学校」

 9月24日の10時から、「宮内ひさこと市民の会」の事務所を開設しました。場所と開所時間は以下です。近くまでお出での際は、お寄りください。

 場所:ひたちなか市八幡町12-53

 電話:029-262-2949

 開所時間:9:00~17:00

 開所式で、東海村前村長の村上達也さんが「地方自治は民主主義の学校」(ジェームズ・ブライス)という言葉を引いて、市民が地域の生活から政治に関わる重要性を話してくださいました。

 地方自治は、地域社会の自治のことですが、ある地域社会が国民国家の主権との関係である程度の自律性をもっているとき、その地域社会には団体自治があると言います。そして地方自治のもう一つの柱が、地域社会統治への住民の参加と同意です。それがあるとき、その地域社会には住民自治が成り立っています。

 この団体自治と住民自治の両方で地方自治が成り立ちます。地方自治は、(ゲティスバーグの演説をもじって)「住民の、住民による、住民のための政治」(民主主義)を学ぶ最良の場であり、確かに民主主義を維持し、育ててゆく最良の保証人だと思います。                              宮内 ひさこ

 

 

h-miya@concerto.plala.or.jp